日刊サイゾー トップ > 芸能  > 奥菜恵 恋愛遍歴で復帰無理?

奥菜恵は女優復帰できない!? 大手事務所激怒の裏にある「超絶恋愛遍歴」とホリエモン

okina.jpg『奥菜恵オフィシャルブログ』

 今月2日に自身のブログで離婚調停中だった一般人男性の夫と正式に離婚したことを報告した女優・奥菜恵だが、現在交際中の俳優・木村了とはすでに新たな生活をスタートさせており、今や“魔性の女”の代名詞としてメディアでは報じられている。

 奥菜としては、私生活の充実に乗って女優業の活躍も図りたいところ。だが、どうやらそう簡単にはいかない“事情”があるようだ。原因はやはり、6月に元ライブドア社長・堀江貴文氏がテレビ番組で暴露した“寝取り騒動”だという。

 堀江氏は、知人男性の妻を現在ブレーク中の俳優Sが寝取ったと番組で暴露したが、その相手は奥菜の元夫であるサイバーエージェント社長・藤田晋氏とほぼ特定されてる。堀江氏も『女優Oさんは離婚でウン億単位の財産分与をもらっている』とも語っているため、ほぼ間違いないだろう。問題は、寝取った男が俳優の斎藤工ではないかとネット上などで噂されたことだ。

「大事になりすぎて、堀江氏も各番組でSが斎藤であることを否定し続けましたがすでに手遅れでした。噂が事実であるかは別として、売れっ子である斎藤に“奥菜恵”という決してプラスとはいえないイメージがついてしまったことで、斎藤の所属事務所と近しい関係にある“大手事務所”が大激怒したとのことです。この“大手事務所”は今の芸能界、テレビ界になくてはならないタレントを数多く抱えており、結果として、奥菜はこの事務所に関わるタレントと“共演NG”になってしまったらしいですよ」(芸能記者)

 ホリエモンも、今回ばかりは発言が軽率すぎたということか。だが、奥菜恵の激しい恋愛事情を見れば、「遅かれ早かれこうなっていた」と見る関係者もいる。

「奥菜恵は2001年に雑誌『ブブカ』に掲載されたあの押尾学との“ニャンニャン写真”で性に奔放なイメージがつきました。その後も藤田氏というIT長者を“陥落”させた上、最近は若き日の斎藤工も誘惑したという噂も出てきた。再婚・離婚した後、バツ2で娘2人という状況ながら10歳年下の木村了と同棲など、相当な“手練(てだれ)”です。『寂しがりや』『甘え上手』など恋愛においては右に出るものなしといわれる奥菜ですが、こと仕事に関してはそれが“諸刃の剣”になってしまったのでは」(芸能関係者)

 モテすぎるのも良し悪しということか。いずれにせよ“因果応報”という言葉がしっくりくる。

最終更新:2015/09/30 16:00
こんな記事も読まれています

奥菜恵は女優復帰できない!? 大手事務所激怒の裏にある「超絶恋愛遍歴」とホリエモンのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

今月2日に自身のブログで離婚調停中だった一般人男性の夫と正式に離婚したことを報告した女優...
写真