日刊サイゾー トップ > 芸能  > 週末芸能ニュース雑話

秋ドラマ初回中間発表、JK社長に批判、金爆・樽美酒の自撮りメイク写真……週末芸能ニュース雑話

aibou.jpg相棒14公式サイト(テレビ朝日)

デスクF 10月も中旬になって、秋ドラマが続々とスタートしてるけど、第1話の結果はどんな感じなの?

記者S まだ全て出揃ったわけではありませんが、なんといっても強さを見せたのは『相棒』(テレビ朝日系)ですね。視聴率は2015年のドラマの初回としては最高の18.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)!相変わらず安定してます。

デスクF 「大根」「低視聴率」で不安視された反町隆史の演技が概ね好評だったのはうれしい誤算だね。ヤンチャなイメージの強い反町が「官僚役」ということで心配されていたけど、キレよくこなしてたんじゃない?

記者S 交渉上手なインテリを無難に演じてましたけど、女たらしのシーンなんかはまるで『GTO』(フジテレビ系)でした(笑)。まあ、ビジュアルが『相棒』のキャストの中ではずば抜けているから、見てるだけで満足な視聴者も多いかも。今後も視聴率は安泰ですね。

デスクF まだ油断はできないんじゃない?第1話のストーリー自体は酷評されていたし、右京さん(水谷豊)もだいぶ老けた。今後も予断は許されないと思うよ。

記者S それでも18%以上ですから、大したもんですね。日本テレビは『掟上今日子の備忘録』『エンジェルハート』がそれぞれ12.9%、12.5%と2ケタを記録して相変わらず好調。『掟上今日子』は新垣結衣がかわいいって感想がほとんどなのが気になりますが、期待通りなんじゃないですか。

デスクF 心配は“やっぱり”フジテレビ(笑)。“月9”の『5→9 ~私に恋したお坊さん~』は一応2ケタ視聴率を確保したけど、主演山下智久の“棒演技”や石原さとみのぶりっ子は評判最悪。15日に放送された篠原涼子主演の『オトナ女子』(同)は、脇に江口洋介、吉瀬美智子と豪華に固めたのに初回は9.9%と散々だったね。

記者S 『オトナ女子』は、以前同局で放送された『最後から二番目の恋』にそっくり。独身女たちの飲み会なんてキャストが入れ替わっただけでそのまんまでした。フジのネタ切れっぷりは深刻そうです。


123
こんな記事も読まれています

秋ドラマ初回中間発表、JK社長に批判、金爆・樽美酒の自撮りメイク写真……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

デスクF 10月も中旬になって、秋ドラマが続々とスタートしてるけど、第1話の結果はどんな...
写真