日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高部あい“裏の顔”と夜の交遊関係

薬物逮捕された正統派アイドル・高部あい容疑者の“裏の顔”と夜の交遊関係

takabeai1029

 女優の高部あい(本名・中山あい)容疑者が今月15日、東京都渋谷区の自宅でコカインを所持したとして、麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていたことがわかった。

 警視庁によると、逮捕容疑は15日朝、自宅で微量のコカインを所持していた疑い。高部容疑者は「友達からもらった」と、容疑を認めている。

 警視庁は入手経路を捜査するとともに、尿を鑑定して使用の疑いでも調べているという。

 あどけなさを残す正統派ルックスで人気を博していた高部容疑者だけに、その対極ともいえる薬物逮捕は、ファンにも衝撃を与えているが、事情を知る関係者いわく「人を見かけで判断するなとは、まさにこのこと」。


 実は、高部容疑者はずいぶん前から、夜の社交場では有名な存在だった。

「元所属事務所のオスカーから支払われる給料ではやっていけなかったようで、セレブパーティーに出掛けては“スポンサー探し”をしていた。クラブ好きで、交友関係もめちゃくちゃ広い。その中で知り合った“悪い虫”にそそのかされ、違法薬物に手を出してしまったのだろう」(同)

 逮捕前夜の14日夜には、グラビアアイドル・森下悠里が自宅マンションで主催する、毎年恒例のハロウィンパーティーに参加。今年の参加者は50人以上で、misonoや原幹恵、岸明日香、多田あさみ、プロフィギュアスケーターの澤山璃奈らもいたという。

 ただ、翌日に高部容疑者が逮捕されたこともあり、出席者にはあらぬ疑いがかけられる結果に……。中でも肝を冷やしたのは、オスカーだろう。

「一緒に参加したメンツの中に、同じ事務所の原幹恵がいましたからね。万が一のことがあっては、シャレにならない。すぐに、本人に事情聴取したそうですよ」とはスポーツ紙記者。その一方で、こんな情報もある。

「実は、高部容疑者と原さんは似たようなタイプで、プライベートでも仲が良い。お互いに、知り合いを紹介し合うこともあったそうです」(事務所関係者)

 夜遊び好きで異性関係が派手だとしても、きちんと分別できれば、違法薬物には決して手を出さないもの。高部容疑者は、世の中を甘く考えすぎていたようだ。

最終更新:2015/10/30 08:00
こんな記事も読まれています

薬物逮捕された正統派アイドル・高部あい容疑者の“裏の顔”と夜の交遊関係のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

女優の高部あい(本名・中山あい)容疑者が今月15日、東京都渋谷区の自宅でコカインを所持し...
写真