日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 破けやすい?代表新ユニフォーム

破けやすい日本代表新ユニフォーム! なでしこジャパンの視聴率急上昇間違いなし?

kiyotake1113『明日への足音』(小学館)

 12日に行われたW杯アジア2次予選、日本は5年振りに代表選出されたFW金崎らのゴールでシンガポール相手に3-0と快勝した。この日は、アディダスによる新しいユニフォームの初お披露目となり、日本代表史上最も濃い青を採用したその新しいデザインは、多くのファンから好評を得ることに成功していた。しかし、問題が起きたのは前半20分過ぎだった。相手DFと交錯したMF清武弘嗣のユニフォームが、ビリビリに破れてしまったのだ。このことにより、今ユニフォームの耐久力が問題となっている。

「それほど激しい競り合いにも見えなかったんですけどね。ユニフォームが破れることはたびたび目にしますが、これほど豪快に破れるのは珍しいです。残骸が飛び散ってましたよ。今回のユニフォームの機能面での最大の特徴は、背面全体に『ハイパーベンチレーションメッシュ』といわれる高い通気性を備えた新素材と、効果的に熱を外に逃がすようにと総メッシュ素材の採用だったんですが、これが仇となってしまったのでしょう。過去にはカメルーン代表が、相手の反則がわかりやすいようにわざと破れやすいユニフォームを開発しましたが、破れるたびに中断しては困ると、FIFAが使用を却下していました。もしかしたら、日本代表も今後FIFAに目を付けられてしまうかもしれませんね」(スポーツライター)


 日本代表男子の新ユニフォームが発表されたと同時に、日本サッカー協会はなでしこジャパンとフットサル日本代表の新ユニフォームも発表していた。フットサルはサッカーに比べて接触プレーが少ないので破れる心配もなさそうだが、なでしこのユニフォームも同じように破れやすいのだろうか?

「デザインこそ少し違いますが、女子も男子と同じく『ハイパーベンチレーションメッシュ』が使用されています。男子ほど腕の力があるわけではないので安心だとは思いますが、来年のリオ五輪予選で当たるオーストラリアなんかは男子顔負けの体格の選手が揃っていますし、ライバルである韓国戦はラフプレーも増えそうなので、破れるとしたらそのあたりの試合がですかね。ファンからは『仲田歩夢の代表入りを願う!』『視聴率上がりそう』『ペナルティエリア内はいろいろな意味で危険だな』と、さまざまな声が聞こえてきます」(同ライター)

 高い通気性を備えたこのユニフォームならば、真剣勝負の熱い戦いでも選手の身体を効率的に冷やしてくれるだろう。アディダスが開発した渾身の技術なだけに、是非、ハイパーベンチレーションメッシュを使ったこのユニフォームにこだわり続けてほしい。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2015/11/16 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真