日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 「電通女」峯岸みなみが女優宣言?

「電通と乱痴気騒ぎ」AKB48・峯岸みなみ ドヤ顔で“女優発言”も、社会の“怖さ”を知る日は近い!?

minegishi0728nczs.jpg節操なし

 勘違いの極致なのか、ネットを意識した炎上狙いなのか。どちらにしても、ネット上には不快感を表すコメントばかりが散見されている。

 23日深夜放送のバラエティ『有吉AKB共和国』(TBS系)で、AKB48の峯岸みなみが自身の“卒業”について語ったのが、次々と出てくる彼女のコメントは、もはやギャグにもなっていない。

 新曲「唇にBe My Baby」(You, Be Cool!/KING RECORDS)にて、1年10カ月ぶりに選抜メンバー復帰を果たす峯岸。このことについて彼女は「これは実力かな」と、熱愛スキャンダルなどで一度は研究生に降格しながらも、トップの地位に戻ったことを自画自賛していた。このくらいはまだかわいいものだ。

 だがその後、「すごくかわいくなったねって最近いわれます」と自身の容姿が向上していることをアピールした上、「私のピークは今なんです。衰え知らず」と付け加え、最近の握手会での自身の人気ぶりをあげて「(来年の選挙は)いけますよね、たぶん」と自信満々に語ったあたりから、多くの視聴者は不快感をもよおした様子だ。そして、極めつきは……。

「峯岸は、来年春に公開される映画『女子高』で主演を張るのですが、有吉が『いつまで(AKB48)やるの?』という質問に対し『正直たくらんでいて。映画がガツンと当たれば女優として……。卒業の時期もそれ次第です』と答えたんです。誰もがあ然としたでしょうね。ネット上では『あるわけねーだろ』『また坊主にしろ』『AVでも無理』『まず演技力ないだろ』と辛らつ極まる発言が波のように押し寄せました。そもそもAKBグループ屈指の“男好き”という悪イメージがついた峯岸が、卒業後に需要があるとは到底思えません。トップを走っていた大島優子や前田敦子でも、苦しいのですから……」(芸能記者)

 これまで、熱愛報道だけにとどまらず、広告代理店の電通社員やAKB運営の幹部との「飲酒乱痴気パーティー写真」の流出など、アイドルとしてはすでに「積み」状態のはずの峯岸。ネットや視聴者から嘲笑されるのも仕方がないが、なぜここまで強気な発言ができるのだろうか。理解に苦しむ人も多いだろう。

「まあ、これまでの峯岸のスキャンダルを考えれば、男に媚びるのがうまそうなのはわかりますし、それこそ電通など芸能界に力のある人間といろんな意味で“太い関係”を築いているのでは? と想像させますよね。卒業しても自分はやっていける人脈があるという自信からくるものではないでしょうか。ただ、峯岸はまだ23歳。いかに社会が冷徹なものかをまだ知りませんからね。主演映画も全く話題になっていませんし、根本的な人気がないのであれば、カンタンに切られますよ」(同)

 同じく「飲酒乱痴気パーティ写真」に写っていた高橋みなみも、今年度いっぱいで卒業とのこと。2人そろって将来が心配である。

最終更新:2018/12/11 13:43

「電通と乱痴気騒ぎ」AKB48・峯岸みなみ ドヤ顔で“女優発言”も、社会の“怖さ”を知る日は近い!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

熊田曜子、泥沼離婚問題の先はどうなる?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

勘違いの極致なのか、ネットを意識した炎上狙いなのか。どちらにしても、ネット上には不快感を...
写真