日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『FNS歌謡祭』パンチラで視聴率アップ

『FNS歌謡祭』パンチラで視聴率アップ作戦か? E-girlsがパンツ見えっぱなしの珍事!

egirls1204「Merry×Merry Xmas★」(rhythm zone)

 今月2日、『2015FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の1日目が放送された。平均視聴率が20%を超えるのが当たり前だった人気番組も、近年では調子を落とし、夏に行われた系列番組『FNSうたの夏まつり』は過去最低の10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、惨敗に終わっていた。しかし、それに焦った制作側が視聴率を獲得するため、ある“秘策”を実行していたのではないかと話題になっている。

「グランドプリンスホテル新高輪の飛天の間から放送されたこの番組は、ステージでアーティストが演奏している間、ほかの出演者たちは小さめの円卓を4~5人で囲みながらステージを鑑賞するというシステム。しかし、藤井フミヤ&憲武とヒロミが『友よ』を演奏している間ずっと、セクシーな肩出しミニワンピースを着たE-girlsのSAYAKAのパンツが見えていたんです。もしかしたら、いわゆる“見せパン”なのかもしれませんが、とても衣装とは思えない、生々しい白いパンツだったんです。これにはもう、世の男性はクギヅケですよね」(芸能ライター)

 もし、ただのアクシデントだとしたら、パンチラが起きた時点でスタッフに注意されたり、席替えが行われそうなものだが、その後も何度も映り込んでいたことから、これは作為的に行われたものとして見るのが自然だろう。

「視聴率も、『FNSうたの夏まつり』の10.7%から大幅アップの16.1%。昨年の15.4%からも微妙に上がったので、作戦は大成功だったのでは。これに味を占めて、12月16日の2日目の放送でも、またパンチラ作戦を仕掛けてくるかもしれません。E-girlsに最注目ですよ。視聴者からも『次は鷲尾(伶菜)ちゃんで頼む!』『FNSパンチラ祭化希望!』と、期待の声が上がっています」(同)

 いくら素晴らしい音楽を提供しようとも、視聴者がいなければ意味がない。本筋とは違う方向かもしれないが、視聴率回復に成功した『FNS歌謡祭』。2日目も注目したい。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2015/12/06 11:00
こんな記事も読まれています

『FNS歌謡祭』パンチラで視聴率アップ作戦か? E-girlsがパンツ見えっぱなしの珍事!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...…
写真