日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元木&清原、足りないのは…

ネットで大ブーイングの元木大介と清原和博 足りないのは“セルフプロデュース力”だった!?

kiyoharamotoki.jpg『クセ者―元木大介自伝』(双葉社)/清原和博

 かつての「舎弟コンビ」が今、格好の「的」になっている。

 テレビ出演時の発言が元で炎上してしまった元木大介。ブログを始めただけで「らしくない」と大ブーイングの清原和博。15年ほど前、巨人軍と球界を跋扈(ばっこ)した「清原軍団」の姿が、もはや懐かしい。

 ただ、今の非難のされ方には、ちょっと気の毒に思えてしまう部分もある。とかく、生き方が不器用すぎるのだ。

 たとえば元木大介。先月末に『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)に出演した際、現役引退後は「高卒だと仕事がない」「大卒は有利。大学というつながりで仕事がある」と発言したとネットニュースで取り上げられ、「仕事は探せばある。選り好みするな」「そんな心構えだからラーメン屋も失敗するんだ」といった非難がネット上で飛び交った。

 この一連の流れには同情せざるを得ない。なぜなら、「高卒だと仕事がない」は、元木の発言内容とズレがあるからだ。

 実際の趣旨は「高卒だと“野球界に”仕事がない」「球団の上層部は大学閥で固まっている。大卒選手は関係性で球団職員になれたりもするけど、高卒選手の場合はそれがなく、野球界以外に仕事を求めなければならない」というもの。くだんのニュースサイトの記事は、その趣旨をわざわざ省き、意図的に炎上を狙ったようなものだった。

 また、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(同)に出演し、ラーメン店失敗のあまりの無策ぶりを披露したばかりだったことも、マイナスに作用したと思われる。

 もう一点擁護するならば、「仕事がない」発言の主語は元木自身ではなく、多くの高卒選手に対してのもの。球界セカンドキャリアの現状を憂いてのものだった。むしろ引退後、タレントとして仕事が途切れない元木は、たとえラーメン店が閉店しても、まだ成功している部類に入るはず。そして、一般的な認知度は低くとも、元木の本業は今でも「野球」だ。

「TBSラジオ『エキサイトベースボール』での解説業は、コアな野球ファンからも定評があります。データをマメにつけたりするタイプではないようですが、記憶力が抜群によく、試合中の微妙な変化や『前回の対戦でも同じ攻めをしていましたね』といった的確なコメントは、隣に座る実況アナウンサーからも評判がいいです」(民放ラジオ局アナウンサー)

 元木がアピールすべきは「失敗」ではなく、地道な「本業」であるはず。セルフプロデュース力が乏しいと言わざるを得ない。

 そして同じことは、清原和博にも当てはまる。

12

ネットで大ブーイングの元木大介と清原和博 足りないのは“セルフプロデュース力”だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

かつての「舎弟コンビ」が今、格好の「的」になっている。 テレビ出演時の発言が元で炎上して...
写真