日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 大躍進するハライチ澤部の不安要素

「出演本数ランキング」3位だけど……大躍進するハライチ・澤部佑の“不安要素”とは?

haraichi1210.jpg

 先ごろ発表された「2015タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)で昨年同様、TOKIOの国分太一とバナナマン設楽統が“ワンツーフィニッシュ”を果たしたが、そんな中、大躍進を見せたのが3位にランクインしたハライチの澤部佑。今年は458番組に出演し、『スッキリ!!』(日本テレビ系)のような帯番組に出演する加藤浩次、売れっ子の有吉弘行や坂上忍ら同ランキングの常連を抑えて、昨年の圏外からトップ3に食い込んだのだから、快挙といえる。

「番組タイトル本数ランキングでも、澤部は3位。このランキングは同一番組タイトルが複数回放送されても1本としてカウントされるので、それだけさまざまな番組に出演しており、総合的に露出度が高いということです」(芸能ライター)


 ベスト10にランクインした芸人は設楽や加藤、有吉、フットボールアワーの後藤輝基、博多華丸・大吉が40代、オードリーの春日俊彰が30代半ばと、それなりのキャリアを積んだ中堅であるのに対して、澤部はまだ29歳と、若手の部類。20代でこれだけの露出を誇っているのは、極めて異例だ。

「ハライチといえば、相方の岩井勇気のどんなネタ振りにも澤部がボケ倒すというスタイルは評価が高いですが、その澤部の才能は多くの番組で共演する先輩芸人たちにも認められています。先輩芸人からのムチャ振りやイジリに対して次々とアドリブでボケ返していく澤部に、各テレビ局からニーズが殺到するのは当然でしょう。坊主頭でずんぐりした愛嬌のあるビジュアルも嫌みがなく、好感度が高い」(同)

 とはいえ、そんな澤部にも不安要素がないわけではない。

「澤部の出演本数の内訳を見ると、澤部個人での出演が392本、ハライチとしての出演が66本と、圧倒的に個人の比率が高い。しかし、設楽や後藤、大吉、春日は、個人とコンビの比率が半々ぐらい。澤部は、ソロとコンビの出演本数のバランスが悪いんです。やはりコンビ芸人はコンビとして人気や評価を得た上で、個人のソロ活動が増えていくというのが正しい順序だと思うんですよ。そう考えると、ハライチが一般層からの人気の浸透度がそれほどない中で、澤部の露出が突出しているというのは、設楽たちと違って人気が盤石なものだとはいえないのでは」(同)

 もっとも、澤部人気がハライチを引き上げる可能性だってあり得る。澤部の真価が問われるのは、来年以降の活動だといえそうだ。

最終更新:2015/12/20 08:00
こんな記事も読まれています

「出演本数ランキング」3位だけど……大躍進するハライチ・澤部佑の“不安要素”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...…
写真