日刊サイゾー トップ > 芸能  > 神田&三船の不倫騒動に新情報

神田正輝と三船美佳の不倫騒動に新情報! 情報リークは三船サイドからだった!?

神田正輝と三船美佳の不倫騒動に新情報! 情報リークは三船サイドからだった!?の画像1『三船美佳のずぼらぼ ズボラ生活研究所 暮らしに役立つ愛のスゴ技。』(マーレ)

 正月、アンビリーバブル・カップルとも報じられたタレント、三船美佳と32歳年上の俳優、神田正輝の不倫交際だが、ある芸能記者は、このネタ元が三船当人だと明かしている。

「2人が以前から親しいのは関係者間でも知られていましたが、とても恋愛関係には見えなかった。それがなぜか年末になって、三船に近い関係者がわざわざ連絡してきて『2人の仲が怪しいって記事が出たら、面白くない?』なんて言っていたんですよ。三船は(高橋ジョージと)離婚裁判中なんだから、そんなことが出るとマズいはずなのに怪しいなと思っていたら、年明けにスポーツニッポンで記事が出たんです。正月スクープはタレント側からのプレゼントであることが通例なので、三船サイドのリークでしょう」

 スポニチの記事によると、三船はテレビ朝日系の情報番組で共演していた神田と、離婚について相談しているうちに親密な関係に発展。交際が始まったのは昨年夏ごろというから、離婚騒動の前に不倫関係に陥っていたことになる。2人は11月上旬に三船の自宅から近いホテルで密会し、12月のある夜にもデートしていたという。

 報道に対し、神田は「離婚問題でもめている時に、こういう報道が出て、彼女がかわいそうだ」と激怒。三船も「あまりに事実無根な内容なので、本当に驚かされています」といったコメントを出し、ともに全面否定した。

 ただ、このスクープ報道がスポニチであった点に「ヤラセスクープ」を疑う余地もある。というのも、同紙は1年前、三船の離婚騒動をスクープしたときに、やたらと三船側に寄った記事を出していたからだ。

 昨年1月、夫の高橋のもとに訴状すら届いていない段階で開かれた三船の会見と同日、示し合わせたかのようにスポニチは離婚騒動をスクープ。両者が口を開くより前に、三船の友人を情報源とした、高橋バッシングとも思える記事を連発していった。

「自宅に高橋がいる時、美佳には“外出禁止令”が出ていた。仕事は許されるが、仕事上の付き合いであっても、高橋を家に残して出掛けることができず、高橋が家にいない時だけ外出が許された」という記事のほか、「別れの理由はモラハラ」として、三船が「眠る時間もなく仕事に出掛け、次第に身も心もボロボロになって、家を出る覚悟を決めた」とした。

 さらには、自ら用いた「モラハラ」なる語句について「長期間にわたって、言葉や態度などで相手を傷つけて、心を支配する精神的な暴力のこと」と解説し、裁判も始まっていない段階で、離婚原因がすべて高橋にあるかのように印象付けていた。

 これには、高橋がすかさずTwitterで「流石にそれはないな」と反論したが、スポニチはその翌日「受け止めに相違?」と、もはや個人見解のような内容で追い打ち。三船が一言も「モラハラを受けた」とは主張していないのにモラハラという言葉だけを先行させ、結果として三船のブログには「本当の自由が手に入りますように」「これ以上我慢しなくていい人生を」といった同情コメントが集まっていた。

 まるで三船のイメージアップに協力しているかのようなスポニチだが、今回の不倫疑惑は一転して三船にとって都合の悪いゴシップだ。しかし、前出の芸能記者は「これは三船にとって都合のいい報道」なのだという。

「何しろ、三船は離婚騒動でイベント出演が急増。おしどり夫婦のイメージが壊れて自然消滅するはずが、逆に仕事が増えたんです。今回、裁判の長期化で世間の関心が低くなっていたところで、再炎上。不倫疑惑自体は報道をガセネタ扱いにしておけば済むので、しばらくの収入アップに内心はガッツポーズのはず」

 実際に不倫疑惑を三船がリークしたのかはわからないが、年明けからワイドショーなどで三船の名前がやたらと聞かれたのは確かだ。自身の不倫疑惑まで売名行為に使ったというなら、大したタレントだ。
(文=鈴木雅久)

最終更新:2017/05/15 16:50
こんな記事も読まれています

神田正輝と三船美佳の不倫騒動に新情報! 情報リークは三船サイドからだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

正月、アンビリーバブル・カップルとも報じられたタレント、三船美佳と32歳年上の俳優、神田...
写真