日刊サイゾー トップ > 芸能  > 北川景子 VS 超個性的家族

完璧な嫁・北川景子でなければ無理!? DAIGOの華麗なる「超個性的」家族

kitagawakeiko0112.jpg最強の嫁

 11日、女優の北川景子と、歌手のDAIGOが入籍したことを発表。同日には2人そろって記者会見を開き、金屏風を背にその「ラブラブ」っぷりを披露。喜多嶋舞・大沢樹生の実子裁判や、ベッキーの不倫など最近は暗めのスキャンダルが多かっただけに、ネット上でも「久々にいいニュース」という祝福の意見が大半である。

 北川は、多くの女性の憧れであり、男性から見ても文句のない美人として認められている存在。これまで多くの有名人と浮名を流してきたことを考えれば、コミュ力も相当高いに違いない。記者会見でDAIGOが「景子ちゃんの料理が本当においしい」と語っていたとおり、家事もお手の物のようだ。まさに完璧である。

一般の目線からすれば「非の打ち所のない」北川。記者は、彼女なら夫であるDAIGOの“超”がつくほどの個性的な一家でも、うまくなじめるのではと期待する声が多いと語っている。

「DAIGOの祖父が元総理大臣の竹下登氏であることは有名ですが、超名門の血族とあって、家族もやはり『浮世離れ』しています。父は大手新聞の敏腕記者から竹下氏の次女と結婚して義父の私設秘書となった人物。武道もたしなんで厳格な人物だそうです。姉である漫画家の影木栄貴氏は相当なオタクらしいです。弟であるDAIGOとは大変仲良しだそうで、新曲の歌詞をまず姉に見せるという話もあり、ベッタリな関係とか。このエピソードだけでも『クセ者』ぞろいであることが伝わってきますが、北川ほどの“匠”なら、難なく順応できそうですよね。すでに結婚までバッチリこぎつけたわけですから」(芸能記者)

 一般人とは一線を画したお家柄だけに、そこに住まう方々もなかなか一筋縄ではいかない人物ぞろいなのかもしれない。それでもあの北川景子なら……と思うのも理解できる。

 そして記者は、北川にとっての“最大の難関”について口にした。

「DAIGOの母親ですかね。無論、北川のこと気に入っているようで現状は問題ないのかもしれませんが、このお母さんが無類の『占い好き』だそうで、占いをもとに家族にアドバイスをするようです。DAIGOも以前、『2014年ごろに結婚を意識する相手と出会う(的中)』と占い師の言葉を取材で紹介したように、母の影響を受けている様子。北川の女優業にも占いの観点で助言をする可能性はあるでしょう。北川がさほど気にせず楽しめれば、特に問題はありませんが」(同)

 嫁姑ネタは世の常だが、どんな有名人や名家でもそれは同じなようだ。

最終更新:2016/01/12 18:59
こんな記事も読まれています

完璧な嫁・北川景子でなければ無理!? DAIGOの華麗なる「超個性的」家族のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

11日、女優の北川景子と、歌手のDAIGOが入籍したことを発表。同日には2人そろって記者...
写真