日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長渕剛は清原和博とシャブ仲間!?

清原和博容疑者とシャブ仲間!? 大物歌手・長渕剛の名前が堂々報じられたワケとは――

kiyohara021601

「サラリと書いていますが、業界騒然ですよ」

 そう語るのは、スポーツ紙記者だ。

 覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が以前、清原容疑者が親しい知人に“シャブ仲間”の1人として歌手の長渕剛を挙げていたことを報じている。


 同容疑者と長渕の交流は、1999年ごろにスタート。2008年10月の引退セレモニーでは長渕が代表曲「とんぼ」を熱唱した。

 同誌によると、2人は都内の高級ホテルにこもってシャブをキメたり、清原容疑者が長渕のためにシャブを調達したこともあったという。警察に押収された同容疑者の携帯電話には、キマりまくりのツーショット写真もあるというが……。

「それよりも、新潮が長渕の実名を書いたことに驚きました。逮捕されたわけではないですしね。よほど確固たる証拠をつかんでいるのでしょう。長渕側は訴えないと事実と認めたことになりますが、裁判になって、とんでもない証拠を出される可能性もある。どうするか見ものです」(前出のスポーツ紙記者)

 12日発行の「スポーツニッポン」も、長渕の実名こそ出していないが、新潮と同様の記事を掲載。タイミング的に本人と特定できる内容になっている。

 なぜ狙い撃ちされたのか? 別のスポーツ紙記者が解説する。

「もともと疑惑があったのもありますが、何より長渕は一部のマスコミを除いて、めちゃくちゃ嫌われているんです。スポニチは長らく取材NGですしね。豪快なキャラに見えて、実は細かい性格で、ちょっとでも気に入らない表現があると激怒し、取材記者を延々罵倒する。所属レコード会社もそこまで長渕を守らないのは、性格に難があるため。ブチ切れて、会社の人事にまで口を出してきたこともあったそうです。社員の中には『あんな奴どうでもいいよ』と突き放す者もいるほどです」

“裸の王様”だったということか……。

最終更新:2016/03/04 15:33
こんな記事も読まれています

清原和博容疑者とシャブ仲間!? 大物歌手・長渕剛の名前が堂々報じられたワケとは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「サラリと書いていますが、業界騒然ですよ」 そう語るのは、スポーツ紙記者だ。 覚せい剤取...
写真