日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「本当にヤバイ」加藤紗里に不穏情報

裏の人間だった!? 「本当にヤバイ」“炎上女王”加藤紗里に不穏情報続々……

裏の人間だった!? 「本当にヤバイ」炎上女王加藤紗里に不穏情報続々……の画像1加藤紗里インスタグラムより

「面白がっているけど、彼女は本当にヤバイよ」

 そう警告するのは、某芸能プロ幹部だ。狩野英孝との交際で一躍“時の人”となったモデルの加藤紗里に、不穏な情報が飛び交っている。“全身サイボーグ説”や年齢詐称疑惑、一部週刊誌では友人の誕生日会での窃盗歴も報じられるなど、話題に事欠かない彼女だが、今回はそんなやわなレベルの話ではないという。

 加藤は自身の売名シナリオを作り、交際を認めるタイミングや、その後の振る舞いなど、事細かに狩野に指示していたとされる。狩野は反発したようだが、その際、加藤は「私のバックに大きい人がいる」と脅し文句を並べたという。

 これに、芸能リポーターの井上公造氏は「そんな事実はない」と“バックに大物説”を否定していたが……。加藤を知る関係者は、慎重に言葉を選びながら次のように語る。

「公造さんは甘い。確かに彼女のバックに芸能界の実力者がついていることはないが、別の意味でヤバイ連中と交流がある。表には出れない人たちですよ。彼女は、その組織の“お抱え”。なんでもやりますよ」

 加藤は、狩野の元カノ川本真琴のツイート騒動時に、仕事先のタイから緊急帰国。帰国費用20万円を狩野に立て替えさせた(実際は10万円)という。

「さて、彼女は何しにタイへ行ったのか? 仕事と言っているが、実はある男性に請われてタイに出かけたそうだ。彼女はお金が大好き。夜の街では『金さえ払えば……』と陰口を叩かれていましたね」(同)

 オブラートに包まざるを得ないのは、加藤が“真っ黒”という証し。あの痩せ方ひとつ見ても、危険なにおいを漂わせている。

「まさにプロ彼女。本来、表に出るべき人ではない。狩野は、骨の髄までしゃぶり尽くされるだろうね」とは、冒頭の芸能プロ幹部。

 いずれ加藤の“本性”が暴かれる日が来るだろう。

最終更新:2017/05/16 17:12
こんな記事も読まれています

裏の人間だった!? 「本当にヤバイ」“炎上女王”加藤紗里に不穏情報続々……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

「面白がっているけど、彼女は本当にヤバイよ」 そう警告するのは、某芸能プロ幹部だ。狩野英...
写真