日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 本田が立て直したミランをブチ壊す

「こういう上司いるよなぁ」本田圭佑がせっかく立て直したミランを、元首相がブチ壊す!?

acmlan0302ACミラン国内オフィシャルサイト

 一昨年シーズンは8位、昨シーズンは10位と、かつてイタリア・セリエAで隆盛を誇ったACミランが、近年信じられない凋落ぶりを見せていた。イタリア国内の不況により、グッズやチケット収入の減少、オーナーである元イタリア首相のシルヴィオ・ベルルスコーニの個人資産に頼れなくなったことが主な原因だ。しかし、そのミランが長い低迷期を経て、ようやく復活の兆しを見せている。

 マルコ・ファン・バステン、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、カカなど、ミランの歴史上には数えきれないほどのスーパースターが存在する。だが、今のミランにワールドクラスと呼べる選手は一人もいない。残念ながらヨーロッパ全体で見たら、中堅規模のクラブになってしまっているのが現状だ。


 それでも、レンタルや移籍金フリーで集めた選手たちと若手の積極起用などで調子を取り戻し、残り11試合で、ようやくセリエA5位にまで浮上してきた。チャンピオンズリーグ出場も現実的な目標になってきたのではないだろうか。そのミランの復活の中心人物が、監督であるミハイロビッチと、日本人のひいき目抜きに本田圭佑の2人だろう。しかし、そんなミランに新たな不安材料が生まれているという。

「イタリア元首相ベルルスコーニの存在です。黄金期を自らの資産で支えたこの名物オーナーは、当時の栄光が忘れられないみたいなんですよ。周りから見れば、崩壊していたミランを見事に立て直したミハイロビッチですが、ベルルスコーニからすれば優勝できない無能な監督に思えるらしく、なんと後任の監督を探しているんです。以前から現場に口を出してはチームに混乱をもたらしてきたベルルスコーニですが、今回ばかりは関係者もあきれていますよ。ファンからも『現状がまったく見えていない!』『何もわからないで口出してるんだろうなぁ』『こういう上司いるよなぁ』と、批判の声が相次いでいます」(スポーツライター)

 せっかくいい方向に向かっていても、トップの発言ですべてが台無しになるということは、サッカー界のみならずよくあることだ。ミランが本当に生まれ変わるには、監督ではなく、会長を交代することが一番なのかもしれない。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/03/02 17:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「こういう上司いるよなぁ」本田圭佑がせっかく立て直したミランを、元首相がブチ壊す!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

一昨年シーズンは8位、昨シーズンは10位と、かつてイタリア・セリエAで隆盛を誇ったACミ...
写真