日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 本当に生きてる「活いか踊り丼」
ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第51回

丼の上から逃げ出す!? 本当に生きてる「活いか踊り丼」

 北海道新幹線開業直前の2月末、はるばる雪の函館までやって来た。それは、「この一杯の丼を喰うためじゃ!」と言っても過言ではない。それなのに、ああ、それなのに……。

 函館名物といえば、観光客のほぼ100%が立ち寄るJR函館駅のすぐ横にある朝市も、そのひとつ。そこで食べられる魚介類は、内地ではなかなか口にすることのできない新鮮さである。その朝市の中でも、ある衝撃的なシーンで有名なのが、この『活いか踊り丼』なのだ。

 ムービーを見るとわかるように、すでに、まな板の上どころか、刺身にされて丼に盛られているにもかかわらず、箸を構えて今にも喰らわんとする人間に対し、めまぐるしく体色を変化させて威嚇するかのようなイカの生命力は、まさに感動のひと言だ。

 そして、その感動のピークは、醤油を回しかけた瞬間に訪れた! 頭と足に醤油がかかった途端、イカは丼の上で足をジタバタさせて最後の抵抗を始めたのだ! イカでもやっぱり傷口に醤油は染みるのだろうか。

DSCN5328ゲソの部分はお願いすると食べやすく小さく切ってくれる。それでもまだ動いていた。

 しかし、残念だったのは、この時期、足の短いヤリイカしかいないこと。足の長い真イカならば、醤油をかけた途端、起き上がって丼から逃げ出す、あの有名なシーンが見れたかも知れない。それを楽しみに来たのに……。

 だが、半透明で新鮮なイカのコリコリした食感と甘さこそが活イカ丼の命。踊らなくても逃げ出さなくても、函館の味に変わりない。

12
関連キーワード

丼の上から逃げ出す!? 本当に生きてる「活いか踊り丼」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

下北沢、再開発でさらに進化

 東京都世田谷区の北東部に位置する下北沢は、...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

北海道新幹線開業直前の2月末、はるばる雪の函館までやって来た。それは、「この一杯の丼を喰...
写真