”元アウトローのカリスマ”瓜田純士が大ヒットアニメ『天気の子』をメッタ斬り!

文=岡林敬太

短気の子・瓜田純士と、その妻・麗子

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回は、新海誠監督の最新作『天気の子』の鑑賞を依頼し、率直な感想を語ってもらった。同監督の前作『君の名は。』を酷評した瓜田だが、果たして今回はどうなるのか……?

『天気の子』が大ヒット中だ。公開から8月11日までの時点で、観客動員584万人、興行収入78億円を突破した。公式サイトなどによると、そのあらすじは以下の通り。

〈高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するように、連日降り続ける雨。そんな中、帆高は一人の少女(陽菜)に出会う。彼女には、祈ることで空を晴れにできる能力があった――〉

 音楽は前作同様、RADWIMPSが担当。小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら豪華声優陣が脇を固める。

 ちなみに数年前、新海監督の前作『君の名は。』に対し、「0点」という厳しい採点をした瓜田だが(記事参照)、その後、評価が変わったという。

「こないだテレビで『君の名は。』を見直したら、案外よかった。RADWIMPSの音楽や、あの絵に慣れたせいもあるけど、ストーリーも凝っていて面白いと感じた。それだけに、この新作には大いに期待している」と言って、新海ファンの愛妻と共に映画館に入って行った。

 さてさて、鑑賞後の心の天気は、晴れなのか、曇りなのか、雨なのか――。劇場の外で待ち伏せて、直撃インタビューを行った。

 ✳︎ ✳︎ ✳︎

――いかがでしたか?

瓜田純士(以下、純士) いやぁ、ひどい!

瓜田麗子(以下、麗子) えええっ!? 最高やったのに……。

純士 まず、この手のストーリーをやるのに新宿を舞台にしちゃダメだと思いました。帆高がチャカ(拳銃)を拾うシーンが出てきたけど、「新宿でチャカ」となると、きっとそれが原因となって、何かものすごくディープな事件に巻き込まれるんだろうなと期待してしまった。

 ところが、チャカにまつわるストーリーが出てこない。監督としたら、チャカを使えばスリリングな映画になると思ったんだろうけど、なんの伏線にもなっていないからガッカリしました。だったら新宿に触るな、と言いたい。新宿はもっと毒々しい世界なのに、街の使い方を間違えてんじゃねーよと。

 そもそもいくら16歳とはいえ、拳銃の不法所持、発砲、公務執行妨害までついて、保護観察処分はないでしょう。本来なら、特別少年院送致になるはずで……。

麗子 うるさいわ! そんな細かいことはどーでもええねん! あのピストルのおかげで緊張感と後半へのつながりが生まれて、めっちゃよかったやん。それにウチもちっちゃい頃、公園でよぉ物を拾ったで。だから、拾った物を宝物にするあの純粋な気持ちがわかんねん。それを、いざというときのためにお守りにしとってんやろな。ホンマは届けやなアカンけどな。

純士 アカンのはこの映画だよ。ヒロインの陽菜にしたって、天気をいじれる能力があるというから、もっと太古の何かの魂が乗り移ったり、新宿のチャカのバイオレンス展開と絡んだりしつつ、壮絶な死とか罰当たりとかタイムトラベルでもあるのと思いきや、たいしたことは起きていない。

 総じて言うと、なんにもない。スッカラカンなんですよ。なのに、終始意味ありげな音楽をかけっぱなしで、帆高が勝手に事態を大きくしているだけ。別に警察から逃げなくてもいいわけだし、「助けるために撃った」と言えばいいだけのことなのに。きっと「彼女が好きで、彼女を守るために逃げる男」ってのが新海監督の中で、ものすごく伝えたい絵だったんでしょうね。だからまったく何も起きていないのに、大声でわめいて冷や汗をかいて、かったるい音楽をかけて、涙をちょちょぎらせながら走り回っている。走っている場合じゃねーだろ! とっとと家に帰れっつーの!

12345

”元アウトローのカリスマ”瓜田純士が大ヒットアニメ『天気の子』をメッタ斬り!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真