日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 長友に「頼むから蹴らないでくれ」

インテル・長友佑都のPKにファン悲鳴?「頼むから蹴らないでくれ」の声!

nagatomoo0520.jpg

 今月2日、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームででユベントスとコッパイタリア準決勝2ndレグを戦った。アウェーの1stレグで0-3と大敗を喫し、少なくとも3点差以上で勝たなければならないという厳しい条件で始まったこの一戦だったが、インテルは奇跡的な追い上げを見せ、見事ユベントスを3-0で撃破した。これにより2戦合計3-3となり、そのまま延長戦を戦い抜いたものの、惜しくもインテルはPK戦でユベントスに敗れる結果となった。

 長友も先発フル出場を果たし、レギュラーセンターバック2人を欠く最終ラインを牽引、攻守に大活躍を見せた。しかし、インテルでも最古参になり、チームの主力であるはずの長友であったが、“あるプレイ”においては、いまだにファンの信頼を勝ち得ていないようだった。


「PK戦4番手で登場した長友でしたが、明らかにスタンドからどよめきが聞こえてきました。そもそもキックの精度が弱点と言われている長友なだけに、キッカーとして選ばれたのはサポーターとしても意外だったのでしょうね。目を覆っているサポーターもいましたよ。結果はキーパーの逆を突き、見事に成功させているのですが、インテルで長友が唯一信頼されていない部分が見えましたね(笑)。まぁ、日本のファンでさえ『長友蹴るのかよ!』『怖くて目つぶっちゃったよ!』『W杯の時の駒野がダブった』との声が多かったですけど」(スポーツライター)

 地元の情報サイト「カルチョメルカート・コム」の試合後採点では6.5点と高評価を得ているが、内容に触れているのはPKのことのみと、よほど意外だったことがわかる。しかし、なぜインテルのマンチーニ監督はそんな長友をキッカーに指名したのだろうか?

「驚くことに、長友自らが志願したみたいですね。あの大一番で自らキッカーを名乗り出るなんて、なかなかできませんよ。本田のメンタルの強さはいろいろなところで言われていますが、長友も相当ですよね。決めても評価を得れず、外すと戦犯扱いされるのがPKですから」(同)

 当の長友本人も、自分が蹴ることでファンが不安を覚えることは知っていたように思える。それでも強い意志でペナルティスポットに悠然と向い、確実に決める長友には感動を覚えたファンも少なくないだろう。インテルというビッグクラブの中で、最古参選手という責任を負って戦う覚悟が、垣間見えた瞬間だったのではないだろうか。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/05/20 12:36
こんな記事も読まれています
関連キーワード

インテル・長友佑都のPKにファン悲鳴?「頼むから蹴らないでくれ」の声!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

今月2日、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームででユベントスとコッパイタリア...
写真