日刊サイゾー トップ > 芸能  > 夏菜、熱烈キス写真流出で逆転?

肉食女優・夏菜、熱烈キス写真流出は“けがの功名”に?「朝ドラで狂った歯車が元に戻る」

natuna0327『夏菜 GANTZ/K』(集英社)

 20日、女優の夏菜が自身のインスタグラムに、「ちょーかわいい子だった 人懐こい。あれ。よく見るとナイナイの岡村さんに似てる」と、ロケで訪れたガラパゴスで、現地の子どもを膝の上に乗せて抱擁している画像を投稿。これにはファンから「この子がうらやましい!」「この子は、これで一生分の運を使い果たしてしまったな」などといった嫉妬の声が飛び交っているようだ。

「夏菜といえば、先日発売された写真週刊誌『FLASH』(光文社)に、青年実業家とのキス写真が流出したばかりとあって、『あの男も膝の上に乗せてるのかと思うと、嫉妬で狂いそうになる』『俺も夏菜とベロチューしたい』など、ファンはいまだにショックを引きずっているようです。また、ネット上では『子どもとの和やかなツーショットで、この前のスキャンダルのイメージを払拭しようとしているのでは?』といったうがった見方や、14年にM字開脚写真が流出し、現在、女優業を干され気味の香里奈を例に挙げ、『あそこまで過激な写真ではなかったけど、少なからず、今後の仕事に支障が出るのでは?』『もはや、清純系の役柄は無理だな』などと心配されています」(芸能関係者)


 その一方で、今回のスキャンダルは、夏菜の今後の女優としての方向性を決定付ける意味ではよかったのでは? という声もある。

「香里奈はもともとファッションモデルとして活躍し、“男に媚びない格好いい女”として同性からの人気が高かっただけに、スキャンダル写真で一気にイメージが悪化してしまいましたが、夏菜はグラビアで活躍。女性よりも男性ファンのほうが多く、ブレークのきっかけをつかんだ映画『GANTZ』に関しても、一番に注目されたのは、演技よりも“体にラインがつかないよう、数日前から下着を身につけずに収録に臨んだ”という全裸での登場シーンでした。ファンからは『峰不二子みたいな、男を誘惑する役にチャレンジしてほしい』と、セクシー路線での活躍に期待が寄せられていましたが、12年に放送されたNHK連続テレビ小説『純と愛』では、“ガサツで騒々しい”ヒロイン役を演じ、ドラマの視聴率同様、失速。それだけに、今回のスキャンダルに関して業界内では『セクシー系に原点回帰するチャンスでは?』『濃厚なベッドシーンに挑戦してみては?』といった声もあるようです」(同)

 推定Fカップともいわれる夏菜のベッドシーンが見られるのであれば、今回のスキャンダルも、ファンにとっては、けがの功名となるのかもしれない。

最終更新:2016/03/27 11:00
こんな記事も読まれています

肉食女優・夏菜、熱烈キス写真流出は“けがの功名”に?「朝ドラで狂った歯車が元に戻る」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...…
写真