日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > DVD契約を勝ち取るグラドルの裏技
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

本当は売れてない!? メーカーとのDVD契約を勝ち取るグラドルの“奥の手”は是か否か――

sarii0413.jpg

 三十路グラドルの吉沢さりぃです。

 先日、長くお世話になっている制作会社の方と飲んでいた際、イメージDVDにキャスティングできる子が誰かいないかと尋ねられました。仲良しのグラドルはすでに何本も決まっているか、もういろいろやりすぎて、できることがなくなっている子ばかりでした。“穴場”な子がいないか考えをめぐらし、「あ! ◯◯とか◯◯ちゃんとかどうですか!?」と提案するものの、もうその子は撮影済みだとか、断られたとか、そんなのばかり……。かつては事務所のマネジャーをしたこともあり、もともとグラドルオタである私は、意地になって頭を働かせたところ、そうそう、いました!

「知り合いじゃないけど、Aちゃんはどうですか?」

 すると、プロデューサーは「あの子はDVD、確かに売れてはいるんだけどねぇ……」と苦笑しながらつぶやきます。ならいいのではないかと言ったところ、実はそのAちゃんのDVDが売れているのには、カラクリがあったのです。

 メーカーさんや制作会社さんは、グラドルのDVDがどれぐらい売れたか、結構リアルな数字でわかります。なので、コンスタントにDVDを出せる子=数字を持っている子なのです。まあ、ごくまれに違うケースもありますけどね(笑)。

 そのAちゃんも、過去に数枚DVDを出していたので売れている子だと認知されていましたが、制作会社の関係者が新たに彼女にDVDのオファーをしようとイベントへ足を運ぶと、耳を疑うようなファンの声を聞いたのです。

「いつもタダでDVDもらえてラッキーだよね~」

 しかも、ひとりでなく数人、同じような会話をしていたのだとか。また別のイベントにも行くと、同様の声を耳にします。どうなっているのかと調べたところ、なんとAちゃんは、自分のイメージDVDを大量購入し、撮影会や、自身の加入するアイドルユニットのライブで、ファンに無料で配っていたのです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed