日刊サイゾー トップ > 芸能  > misono「日本にいたくない」

“ホラッチョ”misonoの「日本にいたくないから嬉しい」発言に、「こっちも嬉しい」の大合唱!

ホラッチョmisonoの「日本にいたくないから嬉しい」発言に、「こっちも嬉しい」の大合唱!の画像1

 “引退騒動”で世間を騒がせた歌手でタレントのmisonoが2日、自身のブログで海外進出を報告。その内容が発端で、バッシングに遭っている。

 8月に海外のフェスに出演するというmisonoは、「今となっては『日本にいたくないから』嬉しいです!」と毒っ気たっぷりに喜びを綴り、さらに「misonoがデザインした“コラボ商品”を、海外の人が買ってくれてたりするし!」「しかもロンハーが、台湾で人気だから」と続けている。

 これに対し、ネット上では「こっちも、日本にいてほしくないから嬉しいです!」「引退詐欺師が、日本から出ていってくれて嬉しい」「日本に戻ってこなくていい」といった書き込みが殺到している。

 misonoといえば、「30歳で芸能界引退」を宣言して注目を浴びるも、その後もしれっと仕事を続け、すっかり「引退詐欺師」と呼ばれるように。また、昨年9月には、ブログやテレビ番組で結婚をほのめかしたが、いまだ結婚する気配はなし。4月には、主演ミュージカル『「ALICE」~不思議の国のアリスより~』の記者会見で、「バラエティも出ないようにして……、炎上してる場合じゃないので、今はアリス役一本で頑張りたい」と、“バラエティ封印”を宣言したが、翌月にはフジテレビのものまね番組で川本真琴の歌まねを披露。今月3日深夜にも、TBSのバラエティ番組『NEWSな2人』への出演が予定されている。

「炎上タレントや、かまってちゃんを通り越し、もはやただの“ホラ吹き”。彼女の発言を真に受ける人は少なく、今回の海外進出も疑われているほど」(芸能記者)

 本業の歌手活動はというと、2014年10月に『1万枚売れなければ、今後CDを発売できない』という公約つきのアルバムをリリース。現段階で半数ほどしか売れておらず、話題作りのための公約が自分の首を絞めている状態だ。

「本人がブログに『自分で主催して、今のmisonoが開催しても、東京でも関西でも100人だけしか集まらなかったし』などと綴っていますが、バラエティタレントとしての知名度とは裏腹に、とにかく集客力がない。事務所は彼女の歌唱力を生かし、神田沙也加のようにミュージカル女優としての開花を期待しているようですが、チケットの売れ行き次第で、こちらの道もあっさり絶たれるでしょう」(同)

 「日本にいたくない」発言が、新たな火種となってしまったmisono。すっかり“ホラッチョ”キャラと化した日本の芸能界を捨て、海外で挑戦するのもありでは?

最終更新:2017/06/01 19:28
こんな記事も読まれています

“ホラッチョ”misonoの「日本にいたくないから嬉しい」発言に、「こっちも嬉しい」の大合唱!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

“引退騒動”で世間を騒がせた歌手でタレントのmisonoが2日、自身のブログで海外進出を...
写真