日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『おそ松さん』舞台化に大ブーイング

『おそ松さん』の安易な舞台化に大ブーイング「6つ子なのに、顔が違うって……」

osomatu0630『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』オフィシャルサイトより

 昨年放送されたアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)がこの秋、舞台化されることが明らかになった。『おそ松さん』は赤塚不二夫の『おそ松くん』をベースに、大人になった6つ子を描いたアニメで、オタクの女子に大人気となり空前のヒットを記録している。

「漫画の実写映画化がブームになっていますが、実は漫画、アニメの舞台化もよく行われています。きっかけは漫画『テニスの王子様』の舞台がヒットを記録したことで、その後『弱虫ペダル』『ハイキュー!!』などが舞台化されました。最近は乱発気味で、クオリティの低下が懸念されていたところです」(マスコミ関係者)

 さっそく、『おそ松さん』についても厳しい目を持つオタク女子からやり玉に挙げられている。なんでも「6つ子の顔が違う」というのだ。

「アニメは、6つ子の顔が同じなのに性格が違う、という設定が面白さにつながっていました。ですが、まったく同じ顔の役者を6人そろえることはできないので、いくらか似ているイケメン6人になっています。安易に舞台化した弊害ともいえるでしょう」

 さらに色違いの服を着せることで、キャラの区別をつけさせる点にも批判が集まっている。あまりに安っぽいというのが、その理由だ。

 根底にあるのは、人気アニメだから舞台をやればヒット間違いなしという安直な考え。オタク女子は、それを見抜いているのかもしれない。

最終更新:2016/07/01 11:32
こんな記事も読まれています

『おそ松さん』の安易な舞台化に大ブーイング「6つ子なのに、顔が違うって……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

昨年放送されたアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)がこの秋、舞台化されることが明らかにな...
写真