日刊サイゾー トップ > 芸能  > 人気AV女優の告発に業界激震!

人気AV女優・香西咲の「だまされて出演」告発で業界激震!「これからは中国から人材調達も……」

saki0718.jpg「エスワンナンバーワンスタイル」公式サイトより

 人気AV女優の香西咲が「タレントとして勧誘されたのに、AV出演させられた」として、かつての所属事務所マークスインベストメントを刑事・民事の両面で訴えるという話が伝えられた。これにはAV業界の関係者が「一歩間違えば、業界が縮小する」と戦々恐々している。

「これが立件されたら、後から“私も私も”と訴訟が続きそうです。よほど悪質なケースでなければ刑事での立件は多くないでしょうが、怖いのは民事。合意のもとで出演していても、あとから『だまされた』と言われたら交渉経緯の証明は難しく、裁判費用と損害賠償で会社が潰されてしまう。今後は、出演女性への意思確認がより念入りになると思いますが、そうなるとスカウト力が低下しますから、業界が衰退してしまいそうです」(AVメーカー勤務の男性)

 AV女優と事務所の関係は、事務所が女優をAVメーカー(制作会社)に派遣する労働者派遣に該当するが、その実態は、一般企業に比べ、労働者派遣法がきちんと守られていないケースは少なくないと指摘される。

「出れば何百万円も稼げると勘違いしているような女性には事前に報酬を伝えず、出演後に3万円を渡して終わりっていうことがあるのが、この業界。メーカーはそこにはタッチせず、事務所と女優の問題なので、たとえばこっち(メーカー)が100万円払って、事務所は本人に5万円しか渡さないケースもあります。でも、きちんとした契約の提示が前提になっていけば当然、3万円とかで出演する女性はいなくなるでしょう」(同)

 悪質な事務所になると、役員に暴力団関係者や半グレばりのコワモテ連中がいて、それを怖がった女性が歯向えず、わずかな賃金でも泣き寝入りすることがあるという。

「今のマークスは元関東連合のメンバーが関係しているというウワサもありますし、確かに代表者はコワモテ系オフィスから独立した裏人脈に強い人物ですね。これまでだったら、それを生かしてトラブルを片付けてしまうところですが、最近はAV女優側に裏社会に精通したコワモテ系弁護士がついているという話。毒をもって毒を制していると、事務所側もこの問題を簡単には終わらせられないですよ」(同)


12
こんな記事も読まれています

人気AV女優・香西咲の「だまされて出演」告発で業界激震!「これからは中国から人材調達も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

人気AV女優の香西咲が「タレントとして勧誘されたのに、AV出演させられた」として、かつて...
写真