日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大橋巨泉追悼であの番組が復活?

故・大橋巨泉さん追悼番組で『クイズダービー』『11PM』に復活の兆しか

oohashi0722.jpg

 がんとの闘病を続けていたタレントの大橋巨泉氏が12日、急性呼吸不全のため千葉県内の病院で死去。昭和を代表するテレビ司会者とあって、テレビでは追悼特集が次々と組まれている。

 そうなると、必要になってくるのが映像素材。過去にヒット番組を持っている局は強く、たとえば『クイズダービー』を放送したTBSは当然その番組映像を使用し、かつての共演者にコメントをもらっている。

 同局放送の『世界まるごとHOWマッチ』も大橋氏の人気番組だったが、こちらはMBS制作のため、使うなら『クイズダービー』のほうが優先されるだろう。

 実は同番組、大橋氏を偲ぶ元番組関係者が「また復活させたい」と話していた。実際、過去に何度か、番組が一時的に復活したことはある。

 2012年4月、特別番組として一夜限りで復活したときの司会者は、くりぃむしちゅーの上田晋也だった。その後、TBSは14年12月の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で、大橋氏が夫人とともにゲスト出演した際、番組内の特別企画として『クイズダービー』を復活させており、昨年5月にもまた同番組内で、大橋氏司会の番組再現があった。

「さすが名司会者、その仕切りは現役時代と変わらない冴えで驚きましたよ。回答者の出した答えによって『ひとりを除いて全員が同じ答え、一斉に開けます』とか『まずは竹下景子の答えから』とか、見せ方が絶妙で、サブ司会の安住(紳一郎)アナも本気で感心していました」(元番組関係者)

 この安住アナも復刻版『クイズダービー』のMCを希望するひとりだというウワサがあるが、「あれを見て司会業に興味を持ったアナウンサーもいるので、復活したら司会をやってみたいという人は結構いるんじゃないかと思います」と元関係者。

 実際に番組の復活はあるかどうかTBSに聞いてみたが、「今のところ予定はしておりません」との返答だった。ただ、大橋氏の追悼番組自体は放送する可能性もあるとのことで、それが『クイズダービー』の復活につながることもないとはいえない。


12
こんな記事も読まれています

故・大橋巨泉さん追悼番組で『クイズダービー』『11PM』に復活の兆しかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

がんとの闘病を続けていたタレントの大橋巨泉氏が12日、急性呼吸不全のため千葉県内の病院で...
写真