日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大渕愛子のミニスカ謝罪が物議

大渕愛子弁護士の“ミニスカ謝罪会見”が物議「ベッキーは、ロングスカートだったのに……」

大渕愛子弁護士のミニスカ謝罪会見が物議「ベッキーは、ロングスカートだったのに……」の画像1大渕愛子オフィシャルブログより

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や、『白熱ライブ ビビット』(TBS系)などに出演する“タレント弁護士”の大渕愛子(38)に批判が殺到。タレント廃業危機に瀕している。

 大渕弁護士は、2010年に離婚した女性から養育費請求の依頼を受けたが、その後、女性が法テラスの代理援助制度を利用。規定上、法テラスを利用した依頼人から、弁護士が直接報酬を受け取ることはできないが、大渕弁護士は法テラスが支払った金額以外に、女性から着手金や顧問料として17万8,500円を受領。弁護士会の説得に応じた同年10月までのおよそ5カ月にわたり、返金を拒否していた。

 東京弁護士会は2日、「弁護士の品位を失う非行があった」として、業務停止1カ月の懲戒処分を発表。これを受け、『行列のできる法律相談所』は、収録済みの7日放送分について「編集で対応する」とコメント。ほかのレギュラー番組も、出演を見合わせるという。

 同日開かれた謝罪会見で、「法テラスの制度をよく知らなかった。依頼人の方に心よりおわび申し上げたい」と謝罪した大渕弁護士だが、ネット上では「1カ月なんて軽すぎる」「弁護士の資格、取り消すくらいしろよ」「法テラスの仕組みを知らない弁護士なんて、やばすぎだろ」などと厳しい声が相次いでいる。

 また、会見で着ていたミニスカートに対し、「謝罪する気あるのか?」「誰に対するアピール?」「キャピキャピしすぎ」「妊婦なら、足冷やすなよ」「産婦人科医から『足冷やすな』って言われてないのかな?」との声も。

「会見に登場した大渕弁護士は、膝上10センチほどのミニスカートのスーツ姿で登場。妊娠6カ月のため、座ったままでの質疑応答となりましたが、会見の最後に立ち上がり、深々と一礼した際には、スカートのお尻側が上がり、太ももが露わになっていました。これまでのタレントの謝罪会見では、倖田來未の時のような黒のパンツスーツや、ベッキーの時のようなロングスカートが定番だった。そのため、ミニスカートに違和感を覚えた人も多かったよう」(芸能記者)

 美人弁護士として人気を集めた大渕弁護士。夫で俳優の金山一彦からは、「今回のことを今後の弁護士活動に生かして、頑張っていきなさい」と言われたというが、少なくともタレント活動は今までどおりとはいかないだろう。

最終更新:2017/06/06 19:01
こんな記事も読まれています

大渕愛子弁護士の“ミニスカ謝罪会見”が物議「ベッキーは、ロングスカートだったのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や、『白熱ライブ ビビット』(TBS系)などに...
写真