日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゲス川谷が風俗店待合室で…

元祖「ゲス不倫」川谷絵音が風俗店待合室でつぶやいた「ベッキーが付きまとってきてウザい」

bekki0807.jpg

 8月3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、小倉優子の夫であるカリスマ美容師の菊池勲氏が、アイドルの馬越幸子と不倫していたことが発覚。小倉が第2子妊娠中のさなかに妻と同じ事務所の後輩タレントに手を出しただけでも一発アウトだが、文春の直撃に「してないしてない、してないっす」という男らしくない態度を取ったことで、ネット上では「ゲス夫」という異名がつけられている。

 しかし、元祖「ゲス」といえば、今年初めにベッキーとの不倫をスッパ抜かれた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音だろう。いまだ自らの口で釈明会見をせず、最近は七夕に「姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」という願いごとをしたことで、「お前が言うな!」と炎上騒ぎになっている。

 今年は有名人の不倫が次々とあぶり出されているが、しかし、やはり川谷が正真正銘、ナンバーワンの「ゲス」だったようだ。芸能記者がこう明かす。

「ベッキーとの交際が発覚する以前、ある一般男性が風俗店に行ったところ、待合室で川谷と遭遇。彼は友人と来ており、2人の会話が聞こえてきたようだが、そのときの内容が『最近、ベッキーが付きまとってきてウザい』『付き合おうかどうしようか考え中』というものだったそうです。その後の顛末を考えればあきれるしかない言動ですが、この情報をキャッチした一部週刊誌が風俗店に裏取りをしているようですよ。もっとも、すでに川谷は“あの人は今”状態ですが」

 川谷は8月26日、山梨・山中湖交流プラザきららで行われるスペースシャワーTV主催の野外ライブイベントに出演が決まっているが、ファン離れが加速中で、かつてと同じ集客力は望めそうにない。

 一方のベッキーは、7月29日に行われたライブイベント「『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』in日本武道館」に司会として登場。騒動後、初めてファンの前に姿を現した。

 イベント終了後、ベッキーはバックステージで撮影した写真をインスタグラムに公開。「本間さんバンドもすてきだったなぁ やっぱりアンジュルムさんの『大器晩成』すきだ OKAMOTO’Sさんのライブがついに観られて感激」とつづり、興奮さめやらぬ様子だったが、コメントの端々からベッキーの“バンドマン好き”が感じられるところ。川谷との不貞に懲りていない、と言われても仕方がないだろう。

 この次こそ、「ゲス」な男に引っかからなければいいが……。

最終更新:2016/08/07 11:00
こんな記事も読まれています

元祖「ゲス不倫」川谷絵音が風俗店待合室でつぶやいた「ベッキーが付きまとってきてウザい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

8月3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、小倉優子の夫であるカリスマ美容師の菊池勲氏が、...
写真