日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 山田孝之、スタダの取り分0%?

山田孝之の事務所ギャラ配分は0%!? “問題児”赤西仁とのユニット結成を誰も止められなかった理由

山田孝之の事務所ギャラ配分は0%!? 問題児赤西仁とのユニット結成を誰も止められなかった理由の画像1

 アーティスト・赤西仁と共にユニット「JINTAKA」を結成し、9月21日にシングル「Choo Choo SHITAIN」(Go Good Records)でCDデビューする俳優の山田孝之に、心配の声が相次いでいる。

 赤西は10日、自身のTwitterで「この度、私赤西仁は僭越ながら、私欲の都合により山田の孝之とChoo Chooする事を決意致しました。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。 万が一、皆様にご迷惑をお掛けしてしまった時の為に先に言わせて頂きます。ゴメンなさい」とユニット結成を報告。山田もインスタグラムで、「その気持ちに気がついたのは、あの日から一週間くらい経った日のこと。最初は戸惑ったし、そんなことしちゃ絶対ダメだって自分に言い聞かせてたけど、それでも膨らみ続ける気持ちに、蓋をすることなんてできなかった。後悔はしていない。だって、だってchoochooしたかったんだもん」と、面白おかしく告知している。

「JINTAKA」は、4月のエイプリルフールに話題になったインスタグラムのジョークが実現したもの。デビュー曲の作詞・作曲は、赤西と山田の共作だといい、10月にはCD購入者を対象とした“リリース記念イベント”を開催するという。

「意外な組み合わせに驚きの声が相次いでいるが、2人は古くからの飲み仲間で、赤西は10年ほど前に、雑誌のインタビューで山田の名前を出したことも。今回のユニットは、所属事務所の戦略などではなく、本人らが飲みの席のノリで決めた活動のようです」(芸能記者)

 赤西といえば、2010年にジャニーズのアイドルグループ・KAT-TUNを脱退し、ソロへ転身。この2年後、女優の黒木メイサとの“電撃デキ婚”を発表。事後報告のペナルティとして、ジャニーズ事務所は主演を予定していた連ドラ『GTO』(フジテレビ系)への出演や、全国ツアー開催を中止。13年6月に謹慎が解け、晴れて芸能活動を再開したものの、1年も経たずにジャニーズ事務所を退所。また翌年には、山下智久、関ジャニ∞・錦戸亮と共に、加害者として警察沙汰を起こした“携帯電話窃盗事件”が発覚した。

 ジャニーズ在籍時から、たびたび素行不良が取り沙汰されてきた赤西。そんな問題児とユニットを組む山田に対し、ネット上では「山田くんにとって、リスクしかないような気がする」「赤西と関わらない方が……」「山田さんには俳優に専念してほしい」といった声が殺到。また、山田が所属する大手芸能プロ・スターダストプロモーションに対し、「よく許したな」と驚きの声も。

「スターダストは、山田が独立しようとした際、必死で止めた過去があり、山田に意見できるスタッフはいない。受ける仕事は山田が自分で選んでいるほか、事務所のギャラ取り分は、なんと0%。それでも、バーターとして新人をキャスティングできるなど、事務所側に旨味があるのだそう。高岡奏輔がTwitterでフジの韓流贔屓を批判して以降、スターダストが禁止している個人Twitterを山田が自由にやっているのも、特別扱いされている証拠です」(同)

 早くも大反響の「JINTAKA」。どうやら、芸能界の損得勘定に縛られない山田の身分があってこそ、実現したユニットのようだ。

最終更新:2017/06/06 19:36
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed