日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 韓国珍スポ「世界性風物館」
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.13

泌尿器科医がプロデュースする、香ばしい秘宝館「世界性風物館」

kama00泌尿器科医院にこれ

 バンコクはシリラート病院内にある「死体博物館」、そしてこの連載にも登場した精神病院の敷地内にある「大岩顔彫刻公園」(参照記事)の例を挙げるまでもなく、病院内の珍スポには有無を言わさぬ説得力があるものだ。

 今回紹介する釜山の「世界性風物館」(英語名は「カーマ・セクストピア」)も、かなりギリギリである。この秘宝館、なんと泌尿器科医院の中に存在するのだ。いやむしろ、秘宝館の中に病院があるというべきか。

 泌尿器科医であり、「韓国性文化会」会長のチャ・ヨンイル先生が運営する世界性風物館は、釜山の繁華街に立つ、4階建ての雑居ビルにあった。路面の1階にはコンビニが入店しており、その上に「チャ・ヨンイル泌尿器科医」の看板が、でんと掲げられている。

 風物館の入り口は裏手にあった。案内によると、2階が泌尿器科医院となっており、残りの地下1階と3~4階が風物館。つまり、病院と言いつつ、建物の大半が秘宝館というわけだ。患者の皆さんは、どのような気持ちでこの病院に通うのだろうか?

kama01実は私も、何も知らず裏道を通りがかったところ、偶然見つけた

 チケットは2階の病院内で購入するようだ。泌尿器科のドアを開けると、そこはまさに町医者といったこじんまりとした雰囲気で、待合室の小さなベンチに座るご老人が、一斉に私のほうを振り返る。受付はその奥にあった。

 刺さるような視線を感じつつご老人の間を通過、看護士のおばちゃんに風物館に来た旨を伝えると、彼女は事務的な様子で私にチケットをよこした。

kama02チケットの通し番号は貴重な一桁。私が訪れる2日前にリニューアルオープンしたばかりだった

 いよいよ、風物館の入り口となる3階へ。扉を開けると、事務所を思わせるワンフロアに、性にまつわる世界の工芸品や絵画、写真などがずらりと並んでいる。

 しかし、何より心に迫るのはその匂いだ。病院ならではの薬品の刺激臭と、秘宝館ならではの湿った匂いがブレンドされたような、今まで嗅いだことのない怪しげな香り。そこに泌尿器っぽさを感じるのは、私の思い込みだろうか……。

kama03.jpg幸い、それほど広くはない

 匂いのことは強引に頭の隅に追いやり、展示物をひとつずつ眺めていく。それらは、先生が1980年代から世界各地を訪れ集めたもの、そして韓国性文化会の会員が寄付してくれたものであり、全部で二千数百点もあるという。


123
こんな記事も読まれています
関連キーワード

泌尿器科医がプロデュースする、香ばしい秘宝館「世界性風物館」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

バンコクはシリラート病院内にある「死体博物館」、そしてこの連載にも登場した精神病院の敷地...
写真