日刊サイゾー トップ > 芸能  > 片岡愛之助「ポイ捨て」は病気?

片岡愛之助に熊切あさ美が皮肉!?「病気だね」……元愛人披露宴招待報道に「そのうち死人が出る」の声

kataokaainosuke1006.jpg

 タレントの熊切あさ美が「だらしない人間は一生だらしないんだね」などと、元恋人の片岡愛之助への皮肉とも取れるブログを投稿した。

 先月28日に、女優・藤原紀香との結婚披露宴を終えた愛之助。6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、愛之助が披露宴に上戸彩似の元愛人を招待していたと報道。2人は2012年夏から男女の仲となり逢瀬を重ねていたが、翌年2月に愛之助と熊切の熱愛が報じられ、2股が発覚。女性は、友人に「死にたい」と漏らすほどショックを受け、心療内科にも通っていたという。

 この報道を受けてか否か、熊切は6日午前2時頃、ブログに「病気だね」「わたしは素直に人に感謝して生きていきたい だらしない人間は一生だらしないんだね そうだけはならないようにしよう」(現在は削除)などと綴った。

 熊切といえば、12年に映画で共演した愛之助と交際をスタート。同棲していたものの、昨年5月に一部週刊誌が、愛之助と紀香の交際疑惑を報道。熊切は「もう別れた」とする愛之助の主張との食い違いを、メディアで涙ながらに語った。

 また、この騒動から1年後、熊切はブログで「本当にあの時死ななくて良かったと思う」と、自殺を考えていたことを告白。ネット上では、熊切に同情する声が相次いだ。

「11年に元ホステスとの間に、認知していない小学5年生の隠し子がいることが発覚した愛之助ですが、この元ホステスからは今年4月、週刊誌で『認知しないうえ、12年間息子に会おうともしない』と怒りの告発を受けている。公になっているだけでも、これだけの女性たちを不幸にしているのですから、愛之助を恨む女性はほかにも大勢いるでしょう。熊切も元愛人も一度は自殺を考えたといいますから、愛之助は“病気”を治さないと、そのうち死人が出るかもしれません」(芸能記者)

 披露宴では、「本当にいろいろなことが、これからあるかと思いますが……」と挨拶した紀香。早くも最初の苦難が訪れたと言えそうだ。

最終更新:2016/10/06 16:35

片岡愛之助に熊切あさ美が皮肉!?「病気だね」……元愛人披露宴招待報道に「そのうち死人が出る」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

タレントの熊切あさ美が「だらしない人間は一生だらしないんだね」などと、元恋人の片岡愛之助...
写真