日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 『スマスマ』がピコ太郎に惨敗!

『SMAP×SMAP』今年最低6.4%で、ピコ太郎に大惨敗! ゲストに“芸人の寄せ集め”連発でファン呆れ

smap0817.jpg

 最終回へのカウントダウンが始まった『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)だが、14日の放送分が平均視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。10月31日の7.2%を下回り、今年最低となった。

 この日の「ビストロSMAP」のゲストは、小籔千豊、サバンナ、サンドウィッチマン、陣内智則、平成ノブシコブシの8人。「みんなで食べたい絶品鍋料理」をテーマにした料理対決が行われた。また、終盤のスタジオライブコーナーには、ロックバンド・back numberが登場。過去の楽曲「青い春」などを、SMAPとコラボした。

「今回のゲストは『キャリアがあるのに初来店の芸人』というくくりでしたが、要は出演を断られない芸人の寄せ集め。『ビストロSMAP』は、先月24日にも『2016年大ブレイク芸人』というくくりで、芸人6人が登場したばかり。さらに先々週、佐野瑞樹や倉田大誠といったフジの男性局アナ6人がゲスト出演した際には、内輪すぎるキャスティングにジャニーズファンが憤慨。『このタイミングで経費削減かよ』『ゲストに局アナ出すとか、フジの感覚おかしい』といった声が相次ぎました」(テレビ誌記者)

 案の定、今回の芸人軍団に対しても、ネット上では「また芸人かよ!」「なんで、貴重な『スマスマ』にどこにでも出るような芸人を出すかね」「これじゃあ、視聴率獲れないの当たり前」といった批判が相次いでいる。

 なお、裏番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)は、『スマスマ』の2倍以上の13.4%を記録。この日のトークゲストがピコ太郎だったことから、ネット上では「フジのせいで、SMAPがピコ太郎に負けた」と局側を責めるジャニーズファンも。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed