日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSがみんもんたを重宝するワケ

「テレビ=老人向け」の証左? TBSが、みんもんたを重宝し続けるワケ

mino1127.jpg

 みのもんたが、古巣TBSに完全復活を果たしつつある。これまでに『学校へ行こう!』『どうぶつ奇想天外!』と、かつてのレギュラー番組がスペシャル版として復活し、来年1月からは、スペシャル番組として司会を務めていた『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』がレギュラー化される見込みだ。

 みのといえば、2013年に次男の逮捕や、女子アナに対するセクハラ騒動など、一連の不祥事を受けて、TBS系の全番組を降板。だが、最近ではセクハラ被害者とされる吉田明世アナウンサーの結婚に際し、コメントを求められると「あなたを女性にしたのは私」と発言し、まったく反省の色がうかがえない。このような人物を、なぜTBSは重宝するのだろうか?

「あまり知られていませんがが、みのさんはTBSの大株主の一人です。もともとは、2005年に楽天によるTBS買収騒動が起こった際に、局側が頭を下げてみのさんに株を買ってもらったという経緯があります。さらに、降板騒動が起こると、みのさんが株を買い増して、個人では筆頭株主となりました」(業界関係者)

 だが、いくら大株主といっても、局に出演を強要することはできまい。なにより、視聴者の反感を買うのは必至だ。それでも、ある世代には、みのの受けはいまだにいいようだ。

「もちろんアンチが多いのも事実ですが、同様に復帰を待ち望むファンも多い。いまやテレビは老人向けのメディアと化していますから、その世代にとって、みのさんは絶大な人気を誇ります。ただでさえTBSは、安定の日テレ、バラエティで躍進したテレビ朝日に視聴率で遅れを取っていますし、フジテレビが凋落する前は、万年業界4位の地位に甘んじていました。このポジションでは、新展開を模索するよりも、“安全パイ”として、みのさんを求めるほうが賢明でしょう」(同)

 みのがレギュラーを務めていた『朝ズバッ!』は、低迷していたTBSの朝の情報番組を、同時間帯における視聴率1位に押し上げる快挙を成し遂げていている。むしろ、TBSがかつての栄光を求め、みのを欲しているともいえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2016/11/27 11:00
こんな記事も読まれています

「テレビ=老人向け」の証左? TBSが、みんもんたを重宝し続けるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...…
写真