日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 高校サッカー強豪校で体罰発覚

高校サッカー強豪校“異端の指導者”の体罰が発覚!「部員を自由にさせすぎて、コントロール不能に……」

nozu1208.jpg滋賀県立野洲高等学校 公式ページより

「少々危なっかしくても、“ちょい悪”でも、ちょっとセクシーな選手を輩出していけたらいい」

 そう語っていた滋賀県立野洲高校サッカー部の山本佳司総監督(53)が部員に暴力を振るったとして、県教委から厳重文書訓告を受けていたことがわかった。報道によると、昨年12月28日夜、全国高等学校サッカー選手権大会のために滞在していた都内のホテルで、酒に酔った山本総監督が男子部員2人に暴力を振るったという。県教委は3月24日付で厳重文書訓告としていたが、公表していなかった。2002年に全国高等学校サッカー選手権大会初出場を果たし、06年には優勝。その後もコンスタントに全国大会に出場してきた強豪チームだけに、驚きの声が上がっている。

 そんな“名将”がなぜ、教え子に手を上げたのか? 高校サッカー関係者に話を聞いた。

「山本さんが“名将”というより、野洲の選手の技術やスタイルは、小中学校時代に培われたもの。セゾンFCという街クラブがあり、地域一丸で子どもたちの育成を行っているんです。そもそも山本さんは、レスリング畑出身ですしね」

 山本総監督の手腕といえば、その部員たちを自由にプレーさせたことくらいだろう。ただ、先の関係者は、その放任主義が今回の事態につながったのではと分析する。

「野洲が全国優勝してから、山本さんの謙虚さがなくなったといわれています。『金遣いが荒くなった』と陰口を叩く人もいる。部員たちもやりたい放題だったようで、校内でもヤンチャだったとか。今回の問題は、自由にさせすぎた結果、部員たちが自分の言うことを聞かなくなり、それにキレた、といったところしょう」

 確かに以前、高校サッカーの内情を取材した時にも、野洲高校のいい話はあまり聞かなかった(参考記事)。

 山本総監督は、厳重文書訓告を受けて一度はサッカー部から離れたものの、その後、同校が保護者に対して謝罪や説明を行い、6月から総監督として復帰している。野洲高校サッカー部は、09年には部員が恐喝などの疑いで逮捕されているが、「それも氷山の一角」と語る高校サッカー関係者は多い。同部は本年度の全国大会の出場を決めているが、辞退はしない方針。全国高等学校体育連盟や日本サッカー協会は、きちんと内部調査を行うべきだろう。
(文=TV Journal編集部)

最終更新:2016/12/08 19:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

高校サッカー強豪校“異端の指導者”の体罰が発覚!「部員を自由にさせすぎて、コントロール不能に……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

「少々危なっかしくても、“ちょい悪”でも、ちょっとセクシーな選手を輩出していけたらいい」...
写真