日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > “朝ドラ出演枠”売り込みが過熱

“朝ドラ出演枠”へ、芸能事務所の売り込み過熱!「若手女優ブレイクさせたいなら朝ドラに」

朝ドラ出演枠へ、芸能事務所の売り込み過熱!「若手女優ブレイクさせたいなら朝ドラに」の画像1

 2013年前期『あまちゃん』以降、NHK連続テレビ小説は高視聴率が続いている。そのため、ヒロインに限らず、朝ドラに出演した若手女優はブレイクするという流れができつつある。

 先頃、オリコンスタイルが「2016年ブレイク女優ランキング」を発表したが、トップ10中7人が朝ドラ出演者という極端な結果になった。

 その顔ぶれを見ると、首位は『とと姉ちゃん』(16年前期)のヒロイン・高畑充希で、昨年10位から大きくジャンプアップ。全話平均視聴率では『あさが来た』(15年後期)の23.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をわずかに下回ったが、22.8%という高い数字を記録した。

 朝ドラ以外でも、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『怒り』『アズミ・ハルコは行方不明』と3本の映画に出演。連ドラ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)、『東京センチメンタル』(テレビ東京系)でも重要な役どころを演じ、現在上演中のミュージカル『わたしは真悟』で主演を務めている。今年の高畑は、まさに“ブレイク女優”にふさわしい活躍ぶりだった。

 2位には、『あさが来た』ヒロインの波瑠。10年のキャリアがありながら、なかなか芽が出なかった波瑠だが、朝ドラで一気にブレイク。その後も、連ドラ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系)に出演。また、『24時間テレビ39 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でチャリティパーソナリティを務めるなど、飛躍の年となった。

 3位には昨年同様、広瀬すずがランクイン。今年は『ちはやふる』『四月は君の嘘』『怒り』と、3本の映画で好演。1月期の連ドラ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)ではヒロインを務め、大塚食品などCMの多さでも群を抜いている。

 4位は『まれ』(15年前期)ヒロインの土屋太鳳。5位はバラエティにも進出した二階堂ふみ。6位は『あまちゃん』をきっかけにブレイクし、NHK大河ドラマ『真田丸』では、主人公・真田信繁(幸村)の正室・春役を演じた松岡茉優。7位は、『まれ』で主人公・希(土屋)の同級生役を演じ、10月期の連ドラ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)で強烈なインパクトを残した清水富美加。

 8位は『あさが来た』でブレイクし、4月期以降、『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、『死弊-DEATH CASH-』(TBS系)、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)と3クール連続で連ドラに出演し、第9代ゼクシィCMガールに選ばれた、小劇場出身の苦労人・吉岡里帆。

 9位は、興行収入200億円を超える大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』で主演を務め、一気に注目を集めた上白石萌音。これまで映画を中心に活動を続けてきたが、来年1月期にはTBS系の深夜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』で連ドラ初主演に挑むことが決まっており、さらなる飛躍が期待できそう。

 10位には『とと姉ちゃん』に出演した元AKB48の川栄李奈が入った。元AKBグループ勢が伸び悩む中、川栄は女優として確固たるポジションをつかんだといえそうだ。

 このように、トップ10に入った面々のうち広瀬、二階堂、上白石を除く7人が朝ドラへの出演をきっかけにブレイクした。昨年のランキングでも、朝ドラ出身者でなかったのは広瀬、木村文乃(9位)の2人だけで同じような傾向だった。こうなると、ますます「若手女優がブレイクするには、朝ドラに出るのが一番」との風潮が強まりそうだ。

 とはいっても、ヒロインオーディションは競争率が高すぎて難関。そうなれば、脇役でもいいから、朝ドラに潜り込めればラッキーだ。その意味で、有望な若手女優を抱える芸能事務所は、今以上に“NHK詣で”に励まざるを得ないだろう。朝ドラ出演枠をめぐり、その売り込み合戦がヒートアップすることは必至だ。
(文=田中七男)

最終更新:2017/06/13 19:56
こんな記事も読まれています

“朝ドラ出演枠”へ、芸能事務所の売り込み過熱!「若手女優ブレイクさせたいなら朝ドラに」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

2013年前期『あまちゃん』以降、NHK連続テレビ小説は高視聴率が続いている。そのため、...
写真