日刊サイゾー トップ > 芸能  > ピコ太郎とオリラジが「共闘」へ!?

“犬猿の仲”ピコ太郎とオリエンタルラジオが、2017年の生き残りをかけて「共闘」へ!?

pocotaro0116ピコ太郎公式サイトより

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』では、オリエンタルラジオ率いるRADIO FISHが初出場を果たしたが、同じく芸人のピコ太郎も出演したことで、そのライバル関係がメディアでもたびたび取り上げられた。

「リハーサルでは中田敦彦が『僕らは彼の存在を認めていないので』と発言。金色の衣装がピコ太郎にそっくりなことをツッコまれた中田が、記者にブチギレて見せる一幕もありました。本番でも中田とピコ太郎が睨み合い、“バチバチムード”を演出。しかし、もちろんこれは“プロレス”で、実際には2人は仲良しですよ。本番でRADIO FISHが『PERFECT HUMAN』を披露し終えると、ピコ太郎が『いや~素晴らしい。感動した』と歩み寄り、中田とステージ上でハグ。白組司会の嵐・相葉雅紀も『よかった~、歴史的和解ですね』と安堵していました」(芸能ライター)

 昨年は大ブレークの2組だったが、年が明けるとすっかり“過去の人”。すでにブームは去っているように見えるが、そんな世間の空気を察してか芸能界に生き残りをかけるために“共闘”する動きがあるという。音楽関係者がその計画を明かす。

「ピコ太郎とRADIO FISHがコラボした新曲が出るようですね。3月には一緒にライブもやるといいます。しかも、その裏側をNHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』に密着させるんだとか」

 そんなピコ太郎は先日、一足先に新曲『I LIKE OJ』をYouTubeで発表しているが、それがどこかで聴いたことのある曲調だと、ネット上で話題を呼んでいるという。

「ピコ太郎が狙って作ったものか、単にパクったものかは定かではないのですが、テンポやリズム感が『PERFECT HUMAN』のサビ部分にそっくりなんですよ。曲調だけでなく、最後のダンスに取り入れられている顔を手で覆い隠す部分や最後に『I LIKE ORANGE JUICE!』の決めゼリフの時に首を少し横に倒す仕草なども、まさに『I’m a perfect human』の決めゼリフと被っています」(音楽ライター)

 コラボ曲発表を前に、2組の「合体」はすでに始まっていたようだ。

最終更新:2017/01/16 12:00
こんな記事も読まれています

“犬猿の仲”ピコ太郎とオリエンタルラジオが、2017年の生き残りをかけて「共闘」へ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』では、オリエンタルラジオ率いるRADIO FISHが初...
写真