日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里新作は初3P&オナニー

坂口杏里の2作目は初3P&初オナニー! 小峠便乗タイトルは「ウリのない表れ」!?

sakaguchi1217.jpg

 ANRIこと坂口杏里の2作目となるAV作品『芸能人ANRI By KING』(MOODYZ)が、2月13日にリリースされることがわかった。

 坂口は13日、自身のTwitterで「これからMOODYZさんにお世話になります!」「皆さん、実はずっと2作目の事隠しててごめんなさい」と、AVメーカー・MOODYZの専属女優になったことを報告。解禁されたジャケットには、「脱ぎながらのインタビュー」「性感チェック~激突きSEX」「おもちゃでビチョ濡れオナニー」「フェラチオからの強制顔射」「ドッキドキ!初めての3P」「イキまくり高速おもちゃ責め」「本能のまま貪り合うSEX」とあり、昨年10月に発売されたデビュー作『What a day !!』(MUTEKI)と比べ、プレイが少しハードになっていることがわかる。

 坂口といえば、先月30日深夜放送の深夜番組『オトナの事情ジャーナル』(フジテレビ系)で、AV転身後テレビ初出演。AV入りした経緯を「(芸能界で)最初から長く続けるつもりがなかった。10年を区切りに、新しい道に進みたいと思ったときに、(AVに)興味があった」と明かし、「(業界に)入ったからには、トップになりたい」と意気込みを語った。

「多額の借金騒動や、風俗嬢疑惑などは、すっかりなかったことになっている坂口ですが、デビュー作は通販サイト『DMM.R18』の2016年下半期ランキングにおいて、首位を獲得。しかし、真価が問われるのは、売り上げがガタッと落ち込む2作目以降。デビュー作では、二世タレントであることや、スキャンダラスなキャラを前面に出してプロモーションしていましたが、2作目のタイトルも元恋人のバイきんぐ・小峠英二絡み。メーカー側から“他にウリがない”と判断されているのかも」(芸能記者)

 14日には、Twitterで「精一杯頑張った作品なんで、是非」と2作目を宣伝した坂口。しかし、『芸能人ANRI By KING』に対し、ネット上では「もう、小峠を絡めるのやめろよ」「小峠がかわいそう」といった苦言も。


12
こんな記事も読まれています

坂口杏里の2作目は初3P&初オナニー! 小峠便乗タイトルは「ウリのない表れ」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

ANRIこと坂口杏里の2作目となるAV作品『芸能人ANRI By KING』(MOODY...
写真