日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「過去最低の取材現場」の一部始終
本日のオフレコ!

三浦春馬、柴咲コウ、福原愛……豪華登壇者なのに「過去最低の取材現場」となったイベントの一部始終

三浦春馬、柴咲コウ、福原愛……豪華登壇者なのに「過去最低の取材現場」となったイベントの一部始終の画像1

「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が1月24日に東京都内で行われ、柴咲コウ、西内まりや、三浦春馬、卓球の福原愛選手らが登壇したが、囲み取材ではNG事項が続出し、「過去最低の現場」(ワイドショースタッフ)となったようだ。

「この日、珍しく三浦春馬が囲み取材に応じたんですが、その直前に会場スタッフから『受賞以外の質問が出た瞬間に終了』とアナウンスがありました。おそらく、昨年、熱愛が報じられたダンサー・菅原小春絡み質問を警戒したものとみられます。また、柴咲コウは、そもそも囲み自体に不参加。NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の放送もスタートしただけに、その感想を期待されていたのに……。とはいえ、昨年の熱愛・破局報道や、立ち消えになったといわれる事務所独立報道もあっただけに、話がそこへ飛び火することを危惧したのかもしれません」(同)

 そんな大物に交じって、芸能人顔負けの対応をしていたのが、卓球の福原愛だった。

「福原は今年2月初旬、ディズニーのホテルで挙式すると報じられていますが、イベント開始前と囲み開始直前に、それぞれ質問NGを通達してくる念の入れようで、記者たちからは『芸能人かよ』とグチが漏れました。福原といえば、昨年9月の結婚発表会見の際にも『スポーツに関わっているメディア以外は全取材NG』という厳しいマスコミ規制を敷いただけに、芸能マスコミ向けのイベントに出演すること自体、少々無理があります」(スポーツ紙記者)

 結果的に、聞かれたくないことを抱えている、スネに傷を持つ登壇者が多くなってしまったようだが、「ほかの出演者が囲み取材に出てきても、基本的に持ち時間は2分ほどと少なく、ジュエリーのこと以外はひと言、ふた言でした」(前出のワイドショースタッフ)と、盛り上がりにも欠けていたよう。

 ジュエリーのように輝く取材現場になるよう、来年こそは期待したい。

最終更新:2017/02/02 20:00
こんな記事も読まれています

三浦春馬、柴咲コウ、福原愛……豪華登壇者なのに「過去最低の取材現場」となったイベントの一部始終のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が1月24日に東京都内で行われ、柴咲...
写真