日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 脊山麻里子“着エロ”化が止まらない

「その先に何があるのか……」元局アナ・脊山麻里子(36)の“着エロ”化が止まらない!?

「その先に何があるのか……」元局アナ・脊山麻里子(36)の着エロ化が止まらない!?の画像1

 25日に発売されるフリーアナウンサー・脊山麻理子の写真集『miao』(ワニブックス)が、「セクシーすぎる」と話題になっている。公開されている先行カットは、Tバックの下着姿でヒップを突き出している写真や、ショーツを下ろそうとして“半ケツ”状態になっている写真などで、本編通してかなり過激な内容であることが想像できる。

 1月29日に行われた写真集の発表記者会見でも、はみケツするほどの極小ビキニにエプロンだけというセクシー衣装で登場した脊山は、ノリノリで写真集のPRに努めていた。

「今回の写真集のコンセプトは“お尻”というだけあって、これまで以上にエロいことは間違いありません。そのへんのグラドルよりもはるかに露出度が高いし、もはや着エロアイドルの域に達していますね(笑)。民放キー局の元アナウンサーとは思えないほどの脱ぎっぷりです。ただ、ファースト写真集では元局アナがここまで脱いだのかという興奮感がありましたが、“女子アナ感”が薄れた現在では、さすがにそこまでの新鮮味はありません。なので、まさに騎虎の勢いで露出はより過激な方向にいくしかないのでしょう」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、脊山もすでに36歳。写真集に称賛の声が集まる一方で、加齢による容色の衰えを指摘する向きもある。

「この“エロ路線”の先に何があるのか、という気がしますよね。将来への展望が何も感じられません。セクシーさが売りと主張できるのは若い頃であって、年を重ねるにつれ、演技力やトーク術を磨いてドラマやバラエティに活躍の場を移すというのが一般的。しかし、脊山はその逆を行っていますからね。昨年末にはプロレスデビューするなど、完全にイロモノと化しています。次に写真集を出すのならバストトップを解禁するなど、さらなる露出が求められます。しかし、そのときには年を取りすぎて、もはや需要がないかもしれません。現在はメディアへの露出がそれなりに多いので目立ちませんが、彼女の仕事内容を客観的に見れば“右肩下がり”と言えますし」(同)

 行き着く先は、やっぱり熟女AVしかないのか?

最終更新:2017/02/07 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed