日刊サイゾー トップ > エンタメ  > テレ朝JDキャスター水商売報道で…

“お水バイト”報道の女子大生キャスター・福田成美 「テレ朝内定密約」が露と消えた?

お水バイト報道の女子大生キャスター・福田成美 「テレ朝内定密約」が露と消えた?の画像1「MISS COLLE ミスコレ」より

「もう勘弁して!」――テレビ朝日上層部の悲鳴が聞こえてきそうだ。というのも、情報番組『グッド!モーニング』(月~金曜午前4時55分~)に出演中の女子大生キャスター・福田成美(21)が、過去に“お水バイト”歴があると、8日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じたからだ。

 そもそも福田キャスターは、昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)で先輩アナとの不倫疑惑を報じられ、同番組を事実上降板した田中萌アナの“後任”。

「新潮」によると、福田キャスターは過去に東京・銀座にある特殊な「サロン」にホステスとして在籍していたことがあるという。そのサロンとは、正会員になるには入会金75万円などが必要で、客層はベンチャー企業の社長や個人事業主など。ホステスは全員素人で一流大学の女子大生ばかりで、中には客とゴルフに興じたり、海外旅行へ行く者もおり、さらに客は大手企業にツテがある人物が多いので、そのコネを利用して、就職にも有利なのだという。

「テレ朝では不倫騒動の田中アナの後釜とあって、福田キャスターの起用にあたっては、彼氏や水商売でのアルバイト歴の有無を確認し、身体検査もしていましたが、結果的にすべてを調べ上げることができていなかったのでしょう。それがわかっていたら、最初から起用はしていなかったはず」(スポーツ紙記者)

 ただ、救いがないわけではない。「新潮」では、“関係者”による証言で記事が構成されているが、当時の証拠写真などは掲載されておらず、本人が“事実無根”を主張すれば、逃げ切れる可能性が高い。ましてや、キャバクラなどでアルバイトをしている女子大生は少なくなく、キャスターを降板させる理由付けにはならないだろう。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真