日刊サイゾー トップ > エンタメ  > テレ朝JDキャスター水商売報道で…

“お水バイト”報道の女子大生キャスター・福田成美 「テレ朝内定密約」が露と消えた?

 だが、この問題は、これで終わりそうにないから厄介なのだ。

「早い話、青田買いです。テレ朝では、『ミス青山コンテスト2016』グランプリで抜群の美貌を持ち合わせ、原稿読みもなんとか最近サマになってきた福田キャスターを、18年4月に入社させたいのです。『グッド!モーニング』で実績があるとなると、即戦力間違いなしですから。一方の福田キャスターも、テレビの現場を見て、アナウンサー志向が強くなり、在京キー局への就職を希望しているようです。両者の利害関係は一致し、すでに内定の“密約”が交わされているとも聞きます。ところが、“お水バイト”報道で、福田キャスターのイメージは悪くなってしまい、今後その密約を履行するか破棄するかで局内はモメそうです」(同)

 かつて、日本テレビの笹崎里菜アナが、大学時代に銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことを理由に、内定をいったん取り消されたケースがある。それに納得がいかなかった笹崎アナは日テレを提訴し、裁判を経て和解。晴れて15年4月入社にこぎ着けた。しかし、日テレはいわくつきの笹崎アナの“扱い”に困り、積極的に登用することはなく、重要な番組への抜擢はなされていない。

 今後、テレ朝が福田キャスターをアナウンサーとして採用するかどうかは微妙なところだが、福田キャスターにとって、最も恐れるべきは、“お水バイト”報道の第2弾、第3弾だ。そこで、決定的な“証拠”が掲載されるようなことがあれば、テレ朝入社は吹っ飛び、卒業後、フリーキャスターとしての活動も難しくなるかもしれない。福田キャスター側からしてみれば、そうならないことを祈るばかりだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2017/02/11 10:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed