日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本裕典は高畑裕太と並ぶ性豪?

事務所クビの山本裕典は「高畑裕太と並ぶ性豪」!? 共演NG続出で、仕事量も激減中だった

事務所クビの山本裕典は「高畑裕太と並ぶ性豪」!? 共演NG続出で、仕事量も激減中だったの画像1

 俳優の山本裕典(29)が、所属事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」から、契約違反を理由に契約を解除された。

「本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました」(事務所発表)

 違反の内容が明かされていないため、記者間では「事務所に内緒のバイトをしていた」「友人に半グレの不良がいて、付き合いをやめなかったらしい」といった根拠不明な情報が飛び交った。ただ、ある週刊誌記者は「ある大物女性タレントに、ちょっかいを出していた」という説を主張する。

「裏が取りきれずに記事にできていなかったネタですが、相手女性は既婚者。それも、夫が妻に負けないぐらいの大物で、これが事実なら、事務所は『数えきれないほど』話し合いをすることにはなったはず」(同)

 この話が違反理由だったのかどうかはわからないが、山本は以前から女性関係のウワサが絶えなかった。AKB48時代の前田敦子や榮倉奈々、西内まりやとの交際話が持ち上がったほか、筆者のもとには2009年12月にバーで出会った女性をお持ち帰り、10年に年上女性とのデート目撃などの情報が寄せられている。

 六本木など繁華街のキャバクラやガールズバーで遊んでいたことでも知られており、写真誌では何度も女性との交際を撮られている。14年、「フライデー」(講談社)に掲載された大阪キャバクラ嬢とのベッド写真は、山本本人も事実を認め「行動に対する認識の甘さが、こういった形として出てしまったと後悔しています」と釈明したが、「謝罪には理由があった」と話す記者がいる。

「山本はこのときイベント出演を予定していたんですが、スポンサー筋がスキャンダルに激怒したんです。出演すれば800万円ぐらいになるはずだった仕事が、女癖ひとつで飛んでしまった」(同)


12
こんな記事も読まれています

事務所クビの山本裕典は「高畑裕太と並ぶ性豪」!? 共演NG続出で、仕事量も激減中だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

俳優の山本裕典(29)が、所属事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」から、契約違反...
写真