日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界“ダメおじさん枠”に進展なし

具志堅用高と蛭子能収しかいない……芸能界“ダメおじさん枠”の世代交代が進まないワケ

具志堅用高と蛭子能収しかいない……芸能界ダメおじさん枠の世代交代が進まないワケの画像1

「この春の特番も“ダメおじさん枠”は具志堅さんと蛭子さんで奪い合っているようです。この枠は実質、2人しかいないので、各局、スケジュールの確保に苦労しているようです」(バラエティスタッフ)

 いまやバラエティ番組に欠かすことのできない存在なのが、ボクシングの元世界チャンピオンの具志堅用高と漫画家の蛭子能収だという。

「具志堅さんと蛭子さんはバラエティ番組に出すぎて、今の若い人は本業を知らないんじゃないですか?(笑) 具志堅さんは61歳ですが、基本的にNGナシで、文句も言わずになんでもやりますからね。そりゃあ、使う側は楽ですよ」(バラエティスタッフ)

 ギャラも太田プロの方針で1時間20~30万円と破格で、数を多くこなす戦略だという。

「本人は『孫と犬と酒のために仕事している』と言ってましたね。一応、ボクシングのジムもありますが、本業の仕事はあまりないようなので、バラエティ番組が生活の中心になってるようです。具志堅さんを重用しているのは、くりぃむしちゅーの2人や、それより下の世代の人たちが多い。さんまさん、たけしさん、ダウンタウンさんらとは、あまりウマが合わないのか起用されることは少ないようです」(芸能事務所関係者)

 もうひとりの“ダメおじさん”蛭子は、とんねるずを除く大御所と呼ばれる人たちからも重用されていて、棲み分けができているようだ。

「普通、これだけ実績を残した人だったら、ある程度の年齢になると高橋英樹さんや梅沢富美男さんのように“大御所”感が出るのが普通ですよね。それがこの2人はまったくないので、彼らに代わる人もいないのが現状です。蛭子さんも69歳と高齢ですから、局としてもこの2人の後継者に早く出てきてほしいんですけどね」(テレビ局関係者)

 世代交代の道のりは遠そうだ。

最終更新:2017/04/03 12:04
こんな記事も読まれています

具志堅用高と蛭子能収しかいない……芸能界“ダメおじさん枠”の世代交代が進まないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

「この春の特番も“ダメおじさん枠”は具志堅さんと蛭子さんで奪い合っているようです。この枠...
写真