日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 田口淳之介のデビュー曲がヤバイ

“KAT-TUNで一番音痴”田口淳之介のソロデビュー曲が「心配レベル」……無遠慮発言に批判も

 さらにファンを激怒させているのが、5日付の日刊スポーツに掲載された田口のロングインタビュー(こちら)。この中で田口は、KAT-TUNの活動休止について「休止を決めたことは、もちろん僕も実際ノータッチで、3人が選んだことだと思う。僕は正直、自分のことでいっぱいいっぱいで」と発言。「3人と連絡を取っているか?」との質問にも、「取ってないです。自分にとっていろいろ新鮮なこともたくさんあるし、その分、毎日、1日1日がすごく大きいので、そこを考えることでいっぱいいっぱい」と、ソロ活動以外のことを考える余裕がないことを強調した。

 このほか、海外進出プランなどについて意気揚々と語っている田口だが、ネット上では「KAT-TUNの3人に失礼」「充電を選択させた張本人なのに、自分でいっぱいいっぱいとかあきれる」「残ったメンバーへの配慮なさすぎ」「ジャニーズに居なかったら、ソロデビューなんかできてないのに……」といった批判が相次いでいる。

「KAT-TUNについて、田口の口ぶりはどこか他人事。しかし、ファンにとっては、休止から1年も経っておらず、田口の謙虚さのない発言の数々にカチンとくるのも当然。ファン離れはますます加速しそう」(同)

 ソロデビューへの必死さは伝わるものの、KAT-TUNファンを置いてけぼりにした発言が目立つ田口。新規ファン獲得がさほど見込めないだけに、いろいろと心配だ……。

最終更新:2017/04/06 19:30
12
こんな記事も読まれています

“KAT-TUNで一番音痴”田口淳之介のソロデビュー曲が「心配レベル」……無遠慮発言に批判ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

昨年3月いっぱいでKAT-TUNを脱退、ジャニーズ事務所を退所した田口淳之介のメジャーデ...
写真