日刊サイゾー トップ > 芸能  > 無免許アナに地元ファンショック

静岡第一テレビの“無免許”イケメンアナに、地元ファンは大ショック! 「ロス現象」も……

静岡第一テレビの無免許イケメンアナに、地元ファンは大ショック! 「ロス現象」も……の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

「イケメンすぎる男性アナ」とも呼ばれていた地方局アナウンサーが、まさかの無免許運転で逮捕。放送地域の人々からはショックの声が上がっており、ちょっとした“ロス現象”もみられる。

「ショックで言葉を失った。何もする気がしなくなった」
「夕方の楽しみに、ポッカリ穴が開いてしまった」
「好きだったから、ホントに泣けてしまった。もう眠れない」

 SNSなどでは女性ファンとみられる人々が悲しみの声を上げ、再びテレビでその姿を見られないのでは、と不安を募らせている。

 無免許運転で事故を起こし、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、静岡第一テレビ(通称・Daiichi-TV)の藤原恭一(27)アナ。藤原アナは4月1日、袋井市のエコパスタジアムで行われたサッカーJ1のジュビロ磐田と清水エスパルス戦を、局の車を使って取材。午後6時ごろ、帰りの道中で事故を起こし、無免許が発覚したという。

 局の関係者に話を聞くと「車には同局のスタッフ3人も乗っていましたが、みんな無免許とは知らなかったようです。当然、社用車を使うには免許証の提出が必要ですから。偽造して提出していたというウワサもありますが、藤原アナは掛川署から静岡地検に送致された後、処分保留で釈放されたそうです」と話す。

 藤原アナは、立命館大学でメディア社会を専攻して卒業。14年に入社した。182センチの長身と精悍な2枚目ルックスで早くからファンがつき、情報番組『まるごと』では、ロケ取材なども人気だった。本人は「この仕事が大好き」と公言し、学生時代に経験したサッカーの取材に意欲を燃やしていた。千葉出身だが、「静岡県には世界に誇れるものがたくさんあります」と“静岡愛”をアピール。ただ、就職サイトでは入社希望者に向け「何事にも等身大で臨んでほしいと思います。背伸びをしてもすぐにボロが出てしまい、見抜かれてしまいます」などとも書いていた。免許がないのに運転して取材に行っていたのは、まさに“背伸び”だった。


12
こんな記事も読まれています

静岡第一テレビの“無免許”イケメンアナに、地元ファンは大ショック! 「ロス現象」も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

「イケメンすぎる男性アナ」とも呼ばれていた地方局アナウンサーが、まさかの無免許運転で逮捕...
写真