日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > ブルゾンちえみに新たな疑惑浮上

フジがブレーク前のブルゾンちえみにドラマオファー? 急激ブレークに「ナベプロのシナリオ通り説」が浮上

フジがブレーク前のブルゾンちえみにドラマオファー? 急激ブレークに「ナベプロのシナリオ通り説」が浮上の画像1ブルゾンちえみ オフィシャルブログより

 2017年上半期最大のブレーク芸人といえば、やはりブルゾンちえみ(26)だろう。バラエティ番組だけでなく、ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)にはメインキャストの1人として出演し、独特な存在感を発揮している。

 しかし、ブルゾンの同ドラマへの起用について、違和感を抱いている関係者も少なくないようだ。テレビ誌記者はこう話す。

「ドラマのスタッフが、昨年12月の時点で、ブルゾンにオファーをしていたというんです。ちょっとオファーのタイミングがおかしいのではないかと、業界関係者は首をかしげていますよ」

 ブルゾンのブレークのきっかけとなったのは、今年1月1日に放送された『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ系)。つまり、昨年12月の時点では、まったくの無名だったのだ。そんなタイミングで、主要キャストでのドラマ出演オファーがくるというのは、普通ならあり得ない話だ。

「フジテレビがブルゾンのブレークを予見していたということではなく、12月の時点でブルゾンのブレークが確定的だったのでは? というのが、業界内での見方です。つまり、ナベプロはブルゾンをゴリゴリに押すことを、昨年のうち決めていたということでしょう。その後のブレークもドラマの出演も、いわばナベプロのシナリオ通りなんじゃないですかね」(同)

 ブルゾンの「キャリアウーマン」のネタについて、伊集院光は2月27日放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、「作られたにおいがする」と発言している。世の中にウケるネタを作るために、渡辺直美、平野ノラ、ゆりやんレトリィバァといった女性芸人の要素がわかりやすく合成されていると感じているようだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed