日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 元NMB48みるきー困窮か

元NMB48・渡辺美優紀が生活に困窮!? ネット番組“白紙&返金”は「2年縛り」が原因か

watanabemiyuki0313.jpg

 元NMB48の“みるきー”こと渡辺美優紀の有料ネット配信番組が、初回放送を迎えることなく白紙となったことがわかった。

 インターネット放送「FRESH! by CyberAgent」は先月28日、「『渡辺美優紀Channel』の放送が諸事情により急遽中止となりました」と報告。今後は「未定」とし、月額1,600円の会員費については「返金手続きをさせていただきます」としている。

 渡辺といえば、昨年8月、グループ卒業と同時に所属していたKYORAKU吉本.ホールディングス(以下、吉本)を退社。表舞台から姿を消していたが、先月21日に個人ブログを開設。同25日に「FRESH!」で生配信を行うと告知していた。

 しかし、配信開始5分前になって、急きょ中止に。その理由は明らかにされていないが、NMB48ファンの間では、吉本からクレームが入ったのではないかとささやかれている。

「国内にあるAKB48グループのうち、AKSが運営していないのはNMB48のみ。NMB48メンバーは、結成直後から大阪のテレビ番組に引っ張りだこですが、吉本の力であることは自明。ただ、ほかのグループとはメンバーの契約内容が異なり、中には不利な項目も。特に卒業後について、渡辺のように吉本から抜けた場合、2年間は一切の芸能活動を禁止されていると言われています」(芸能記者)

 約3年前には、読者モデル・藤田富とのお泊まりデートが報じられた渡辺。しかし、当時、パナソニックのイメージキャラクターを務めることが発表される直前だったこともあり、渡辺は“お咎めなし”。それどころか、スキャンダルを「なかったこと」にするため、吉本は渡辺を随所で守っていた。

「渡辺は現在もSNSやブログで、NMB48時代と変わらぬブリッコ投稿を繰り返しており、今後もドルヲタをターゲットにしようとしているのは明白。ネット上では、『まだアイドル路線で売ろうとしているのか』と呆れ声も。また、月額1,600円という高額設定から、『生活に困窮しているのでは?』との声も。NMB48時代には、運営が用意した高級マンションに住み、高級ブランドに身を包んでいた渡辺だけに、贅沢癖がついているのかもしれません」(同)

 謎を呼んでいる今回の騒動。渡辺が芸能界に戻ることは叶うのだろうか?

最終更新:2017/05/01 19:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed