日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > イジリー岡田、家庭では「ベロ芸」封印

妻との夜の生活では“ベロ芸”を封印! イジリー岡田の「プロの矜持」

 毎年恒例の「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ社)だが、個人的には、好感度の指標としてはあまり信用していない。あれは、いわゆる人気投票のひとつである。「憎まれっ子世にはばかる」という言葉があるが、「憎たらしいけど好き」という感情だってある。人気と好感度は、決してイコールではない。

 では、ピュアに「好感度」にフォーカスして芸能界を見渡すと、どうか? やはり人気投票とは別の顔ぶれが思い浮かんでくる。個人的には、特にイジリー岡田が捨てがたい。この人の悪口、あまり聞いたことがないのだ。あの芸風、あの出自で、快挙と言わずして何と言おう。

■イジリーを「カッコいい」と意識していた妻

 4月29日に放送された『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)に、イジリー岡田夫妻が出演した。イジリーは昨年9月、一般女性の裕子さんと結婚。裕子さんが務めていた会社の社長がイジリーの古くからの友人で、社の新年会・忘年会、社員旅行にイジリーも司会として出席していたのが出会いのきっかけらしい。

 イジリーによる裕子さんの第一印象は、ワイン片手に一人で「写真、お願いしま~す」と話しかけてくる、ハイソなキャラクターだったそう。その後、イジリーの舞台を見に来た裕子さんを見送る際、大勢のお客さんがいる前で「すみません、連絡先を教えてください!」とイジリーが頭を下げたのが2人のなれ初めである。裕子さんも、会社のイベントでプロの司会術を見せるイジリーに対し「カッコいいな」と感じており、印象は悪くなかった。

 イジリーのことを「カッコいい」異性として意識するのはレアパターンだろう。確かに裕子さん、ちょっと変わってる。例えば、朝起きたイジリーが「おはよう」と声をかけると、笑顔のままいきなり夫に喉輪をカマし、首を絞め続けることがあるという。

「ガッ! って行きたくなるんですよね」と首絞めの理由を明かす裕子さんであったが、その話を聞いても、まるで共感できない。もしかしたらこのご夫婦、イジリーの包容力ありきで成立しているのかもしれない。


12
こんな記事も読まれています

妻との夜の生活では“ベロ芸”を封印! イジリー岡田の「プロの矜持」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

毎年恒例の「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ社)だが、個人的には、好感度の指...
写真