日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 築地移転で観光地価格が消滅!?

魚は勝どき橋を渡って買ったほうが安い……豊洲移転で、築地のブランドと観光地価格も消滅か

tsukiji_0703.jpg

 都知事選を前に小池都知事によって表明された、築地市場の豊洲移転への決着案。豊洲移転後に築地にも市場機能を作り、希望する事業者は再整備した築地へ戻ってくることもできるという、なんだかよくわからない決着となった。今回の都議選における小池都知事率いる都民ファーストの会の圧勝により、この決着案が推進されることになりそうだ。

 これまで、世界でも例を見ない“都心に存在する市場#として評価されてきた築地市場。ここは、長らく観光地としても脚光を浴びてきた。豊洲移転問題が議論された背景には、都心に存在する食のワンダーランドが消滅し、観光地としての価値が低下することへの危惧があったことも確かだろう。

 一般市民にとっての築地市場の意識は、まず観光地である。初めて足を踏み入れた人は驚くのではあるまいか。何せ、すべては観光地価格。とりわけ、築地市場で広く商われている鮮魚は、決して安いわけではない。筆者も銀座の外れに事務所を構えてから、幾人もの人に言われた。「築地が近くでおいしいものもいっぱいですねえ~」と。

 しかし、実のところ築地に足を運んだのはわずかな回数にとどまる。それは、看板商品である魚が安くもなんともないからだ。

 以前、築地近くのラーメン屋ですっかり出来上がってた河岸で働くオジサンたちと話したことがあるが、しきりに繰り返されたのは「魚はスーパーで買ったほうがいい」ということ。

 商いされる鮮魚類のうち、高級な部類はそれなりのところが買っていく。その次の大衆的な値段かつ品質のよい品は、店舗で魚をさばくスーパーが大量に買っていくというのである。

 これを聞いて、なるほどと思った。

 購入した魚をさばいて販売しているスーパーとして、まず思いつくのが御徒町の老舗・吉池である。リニューアルしてからユニクロと鮮魚売り場が隣り合わせているという、なんだか面白い空間となったこの店、確かに魚は安い。ここの値段を見てしまうと、築地で売っているのは高級品ばかりに見えてくる。

 でも、筆者からすれば、わざわざ御徒町までいかなくても築地周辺でも魚は安い。これまで『これでいいのか東京都足立区』(マイクロマガジン社)をはじめ、「地域批評シリーズ」に携わっている筆者。普段から、23区あちこちのスーパーをチェックしているのだが、築地周辺で魚の品揃えが充実したスーパーとして、オススメは2軒。月島のフジマートと、豊海のマルエツ(勝どき六丁目店)である。いずれも、築地からは勝どき橋を渡って徒歩10分といったところだが、それだけの距離で格段に値段が下がるから不思議だ。

 特に後者のマルエツは、入居しているのがジムなどの設備が整ったセレブなタワマンの1階。こういうところを利用する客層は「家では、そんなものは食べませんのよ」と言うのか、魚のアラの類いは捨て値である。一度は、マグロの頭500円という、高いのか安いのかよくわからないものも目撃。これを料理するところまで持っていくのに相当の苦労が要りそうだが、買った人はいたのだろうか……。


12

魚は勝どき橋を渡って買ったほうが安い……豊洲移転で、築地のブランドと観光地価格も消滅かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

小池百合子「勝因はコロナ」

今週の注目記事・第1位「熱愛スクープ― 綾瀬...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

都知事選を前に小池都知事によって表明された、築地市場の豊洲移転への決着案。豊洲移転後に築...
写真