日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 築地移転で観光地価格が消滅!?

魚は勝どき橋を渡って買ったほうが安い……豊洲移転で、築地のブランドと観光地価格も消滅か

tsukiji_0703_2.jpg

 ともあれ、築地はすべてが観光地価格。1,000円札1枚では海鮮丼にもありつけない。それでも、2,000円、3,000円という豪勢な値段の海鮮丼やら寿司やらを売る店に人々は行列しているのだ。

 なるほど、観光客にしてみれば市場の活気に煽られた結果、それらは決して高いものには見えないのだろう。

 そして、観光客の減った夕方になると、また別の顔が。この辺り、築地ブランドに威を借りたような高くておいしい店というのも多いのだ。先日、誘われてそうした店に入る機会を得たのだが、ずっと隣の席のグループが「来週は、またみんなで別荘に集合してさ~」という会話に「ここは俺がいてよい店じゃあないな……」と、絶望感に打ち震えたのである。

 そんな市場の存在を背景にした築地のブランド力も、豊洲移転によってどうなるのか? 唯一落ち着く市場で働く人々向けのガッツリ系のメシ屋が消えて、スカした店ばかりになったら嫌だな……と思った。
(文=昼間たかし)

最終更新:2017/07/04 11:25
12
こんな記事も読まれています

魚は勝どき橋を渡って買ったほうが安い……豊洲移転で、築地のブランドと観光地価格も消滅かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

都知事選を前に小池都知事によって表明された、築地市場の豊洲移転への決着案。豊洲移転後に築...
写真