日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜、“最強ママタレ”に

地元愛、ご意見番的発言、キャラかぶりなし……マイルドヤンキー・木下優樹菜が“最強ママタレ”になる日

地元愛、ご意見番的発言、キャラかぶりなし……マイルドヤンキー・木下優樹菜が最強ママタレになる日の画像1木下優樹菜 インスタグラム(@yuuukiiinaaa)より

 木下優樹菜が、地元の盆踊り大会へ参加した様子をインスタグラムに投稿し、話題となっている。サングラスをかけ、大きな焼きとうもろこしにかぶりつく姿とともに「小さい頃から毎年恒例盆踊り」とのメッセージが添えられ、実家を離れても地元を大切にしている様子がうかがえる。

「木下のインスタグラムは、夫である“フジモン”ことFUJIWARAの藤本敏史や、2人の娘たちとのアットホームなショットが多く投稿されています。フォロワー数は400万人を超える人気アカウントですね。コメントも多くつけられ、注目度の高さがうかがえます」(業界関係者)

 そんな彼女に期待されるのが、ママタレとしてのさらなる飛躍だろう。昨年末のオリコン「好きなママタレランキング」で1位に輝くも、2人の子どもが小さいため、現在は仕事をセーブ中。しかし、先月には『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、子どもの教育方針をめぐり、私立に行かせたい夫と対立状態にあると明かしていた。確かに、芸能人夫婦にとって子どもの“お受験”は一つのターニングポイントであろう。

「今後、どういう選択を取るにせよ、子どもの養育にお金がかかるのは事実。そのため、木下が本格的に芸能活動を再開する可能性はあります。何しろ彼女は、テレビのメイン視聴者層のひとつである、いわゆる“マイルドヤンキー層”から絶大な支持を受けている。今回のインスタ投稿にあるように『地元を重んじる姿勢』も、彼らのウケは良いでしょう。さらに、別の投稿では、一般人の盗撮に苦言を呈すなど、はっきりとした意見も持っているので、ご意見番としても期待されます。そうなれば、最強のママタレが誕生するのではないでしょうか」(同)

 木下が最強ママタレ候補といわれる理由には、キャラかぶりの少なさも挙げられる。木下と仲がいい佐々木希も元ヤンなのはよく知られた話だが、現在の清楚なイメージから、彼女が元ヤンキャラでママタレ化する可能性は低い。また、同年代の後藤真希は料理本出版やファッションブランド展開など、テレビ以外の活動に重きを置いている。ママタレとしての木下には“独り勝ち”が約束されているといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/07/23 06:00
こんな記事も読まれています

地元愛、ご意見番的発言、キャラかぶりなし……マイルドヤンキー・木下優樹菜が“最強ママタレ”になる日のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

木下優樹菜が、地元の盆踊り大会へ参加した様子をインスタグラムに投稿し、話題となっている。...
写真