日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 大人のおもちゃが絶滅危惧種救う!?

カメの性感をブルブル刺激し……希少種を絶滅から救うため、大人のおもちゃが活躍中!?

カメの性感をブルブル刺激し……希少種を絶滅から救うため、大人のおもちゃが活躍中!?の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

 国際自然保護連合によると、淡水に住むカメの約半分の種は、絶滅の危機に瀕しているという。そんなカメたちを、“大人のおもちゃ”が救うかもしれない。

 カメに限らず、希少種の保護に当たっては、雄と雌それぞれの生息数を正確に把握することが必要だ。

 ところが、淡水に住むカメの多くは生殖器が外から確認しにくいため、鑑別が難しく、研究者泣かせとなっている。雄雌鑑別には生殖器の一部を切開する必要があり、カメにとっても負担がかかる。

 そんな中、カメの生態を研究している、豪ジェームズ・クック大学のドナルド・マックナイト教授と共同研究者は、画期的な雌雄鑑別法を実践している。

 マックナイト教授が使用するのは、いわゆる“大人のおもちゃ”。中でも、振動で性感を刺激するローターと呼ばれるタイプのものだ。

 その使用方法は、人間相手に使うときとほぼ同様だ。マックナイト教授によると、このローターの振動で、まずカメの胸のあたりを小さな円を描くように優しく刺激。その後、ローターを尻尾へと移動させる。こうすることで、そのカメがオスの場合、性的に興奮してペニスが外部に出てくるという。

「4秒くらいでペニスが出てくるときもある」とマックナイト教授。トゲスッポンに限って言えば、この方法による雌雄鑑別の成功率は100%だという。

 実は、カメに大人のおもちゃを使用すsるという奇想天外な方法は、マックナイト教授らが初めて実践したわけではない。マックナイト教授によると、大人のおもちゃを使ってカメを射精に導いたという論文を読み、この方法を実践することを思いついたという。

 今後、応用研究が進めば、大人のおもちゃで希少動物の性欲を刺激し、繁殖活動を活発化させるという手法が一般化していくかも?

最終更新:2017/08/04 15:29
こんな記事も読まれています
関連キーワード

カメの性感をブルブル刺激し……希少種を絶滅から救うため、大人のおもちゃが活躍中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

国際自然保護連合によると、淡水に住むカメの約半分の種は、絶滅の危機に瀕しているという。そ...
写真