日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新井浩文の“自己プロデュース術”

唯一無二の存在感にバラエティ界からも熱視線!? 俳優・新井浩文の“ぶっちゃけ自己プロデュース術”

唯一無二の存在感にバラエティ界からも熱視線!? 俳優・新井浩文のぶっちゃけ自己プロデュース術の画像1ANORE公式サイトより

「俳優としては、異色の存在であることは間違いないですね。キャスティングにおいてのライバルは、ほかに名前が挙がりません。唯一無二の存在感があるので、最近はバラエティからも熱視線を送られてるようですよ」(映画関係者)

 現在公開中の映画『銀魂』にも出演中の新井浩文。日本映画では、すでに欠かすことのできない俳優になっているが、最近はドラマの番宣でバラエティ番組にも進出するようになった。

「基本的に彼はなんでもぶっちゃけてくれるので、起用する側からすれば面白い存在なのは間違いないですね。日本アカデミー賞の授賞式でも『この中で一番ギャラが安いのは俺ですね』とコメントして会場の笑いを誘っていました。本人は『バラエティに出て、顔売ってCMやらないと役者は食えないですよ』とか、普通の俳優だったらまず言わないことも平気で言ってしまう。そういうヒリヒリしたやりとりが、今のバラエティの世相とマッチしてニーズが高まってきてるのかもしれませんね」(芸能事務所関係者)

 とはいえ、以前所属していた事務所「パパドゥ」を辞め、「アノレ」に移籍したのは、もっと多くの映画に出演するためだという。

「基本的には映画、舞台が中心で、連ドラ、バラエティはその次でしょうね。彼のギャラは1本30~40万円くらいで、かなり安い部類です。本人はTwitterなんかで『来月仕事がない』と発言して仕事を取ったりしてます。自己プロデュースは相当上手ですね。彼は俳優以外にも幅広い交友関係があるので、そちら方面からもいろいろな仕事を取ってきているみたいですよ。主演を張ることは少ないかもしれませんが、仕事が途切れることはないでしょうね」(ドラマスタッフ)

 唯一無二のカメレオン俳優の、バラエティでの活躍も見てみたい。

最終更新:2017/08/15 06:00
こんな記事も読まれています

唯一無二の存在感にバラエティ界からも熱視線!? 俳優・新井浩文の“ぶっちゃけ自己プロデュース術”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...…
写真