日刊サイゾー トップ > 芸能  > 橋本マナミに幻のSEX主演映画

“国民の愛人”橋本マナミに、幻の「全裸セックス主演映画」が存在した!

“国民の愛人”としてブレークした橋本マナミが、いよいよ本格女優へ向けてギアチェンジしたようだ。

 8月29日に登壇した鳥取のPRイベントでは「大人の事情でセクシーを封印」していた橋本だが、25日にゲスト出演した『ハロー張りネズミ』(TBS系)では悪女役を演じ、視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前週より視聴率を1.2ポイント押し上げるのに、見事貢献した。

 そんな橋本は、11月25日公開予定の映画『光』で渾身の濡れ場を披露するという。

「彼女は、公務員の夫と一人娘を持ちながらも、若い男と密会を重ねる団地妻という役どころ。子どもを幼稚園に預けるや、その足で男のアパートへ向かい、自ら欲望を解放するような激しい“朝セックス”になだれ込みます。四つん這いでバックから男に秘部を貫かれながら、苦悶の表情でアエギ声をあげて悶絶する表情は、テレビドラマよりワンランクもツーランクも振り切れています」(映画ライター)

 橋本といえば、1997年の全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞に輝くも、その後は伸び悩んでいた。8月29日発売の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)によると、橋本には愛人キャラでブレークする直前に出演した“幻の主演映画”が存在するという。

「作品名は『あなたもまた虫である』。実際のレイプ事件を元にしているということで、橋本は夜道を歩いている途中に2人の男にワゴン車で拉致されて、生理中にもかかわらず犯されてしまうという衝撃作で、彼女はバストトップの露出もいとわず、迫真の演技を見せていたといいます。しかし、原作者と制作者との間にトラブルが発生し、お蔵入りに。それがここにきて、関係者たちが上映にこぎつけようと動きだしているようです」(週刊誌編集者)

 最近はグラビア展開を控え女優にシフトしている橋本。水着を脱ぎ捨て、さらにパワーアップしたセクシー艶技を見せつけてほしいものだ。

最終更新:2017/09/01 10:00
こんな記事も読まれています

“国民の愛人”橋本マナミに、幻の「全裸セックス主演映画」が存在した!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

“国民の愛人”としてブレークした橋本マナミが、いよいよ本格女優へ向けてギアチェンジしたよ...
写真